SEO対策の基本

SEOの初歩から学ぶ
スポンサードリンク

仕事でホームページを立ち上げたり

オンラインショップを立ち上げて

さあ! アクセスを増やすぞって

意気込むことありますよね

 

初心として文章をどのように書き進めれば

いいのかわからず悩みました

 

本ブログは「心とからだの健康を守る」

をテーマとして記述を進めている

ブログです

 

ブログを見ていただだき少しでも

役立てられるようにもっと訪問者を

増やしていきたいということで今回は

SEOの基礎を学びながらの記述を

アップさせていただきます

 

「一番優しいSEO対策」として教本

を選択し学習をしていきます

今回の教本は


SEOって何なの?

こうじ
どうやってアクセスを上げるの?


 

エスイーオー君
ウェブで検索を上位にあげていく対策が必要ですね


 

こうじ
インターネットで検索を上げるってSEOってやつにお金をかけて検索上位にしてもらうとかのことかな?


エスイーオー君
お金を積みこめばよいというものではありません。

お金を払えば検索が上位にあがってくるのであれば、大金を支払う会社しか上位にあがってこなくなります。そんなお金で表示されるサイトって、検索してみるユーザーは見ますか?面白くないので見なくなると思いますよ。

つまり SEOとかはお金で検索順位を買うようなものではないんですよ


 

Googleは検索結果の質が下がることを恐れています

質が下がって使われなくなるということを嫌います

最も多くのユーザーの希望を叶えるように検索

結果を調整しています

訪問者がどういう目的で検索しているかを知る

訪問者が何を考えて検索しているか

キーワードには訪問者の目的が込められている

エスイーオー君
SEOとは自分のサイトに来てほしい訪問者の目的が込められたキーワードと、サイトのページを検索エンジンでマッチングさせることなんです


 

訪問者の動き
キーワードで表示されるべき検索結果を書きだしてみる
訪問者の目的 キーワード例 検索結果に表示されるサイト
「芝寿しのさと」を知っていて地図や電話番号を探している人 芝寿しのさと 「芝寿し」の店舗案内サイトが1位。

2位は「食べログ」

3位は「芝寿しのさと」サイト。

4位はブロガーの「芝寿しのさと」の記事

5位はブロガーの「芝寿しのさと」の記事
芝寿しのさと 地図 1位は「食べログ」

2位には「ぐるなび」

3位は「芝寿しのさと」サイト
芝寿しのさと 営業時間 1位は「芝寿しのさと」サイトの営業時間
金沢でカフェを探している人 金沢 カフェ 検索しているとことの場所のグーグル地図でカフェが示される

(グーグルマップ)

それ以降はまとめサイトになる
和風でゆったりするカフェを探している 和風 カフェ グーグルマップで検索近隣のカフェ一覧が表示

あとはまとめサイトになる
以上にように見ていくと

一番大切なことは訪問者の目的です

エスイーオー君
まずはサイトに来てほしい訪問者の目的を書きだすことです。

キーワードやコンテンツを考えるのはその後です

検索エンジンの仕組みって知ってた?

Google,yahooは同じGoogleの検索エンジンです

「クローラー」という仕組みが世界中のサイトを

自動的に見て休みなくチェックしています

インディックス
検索エンジンに「どんなキーワードやテーマの

ページとしてインデックスされるべきなのかが

大切になってきます

検索結果画面はサイトのトップページだと考える

まずは例として検索して検索結果画面を見てみましょう

検索結果画面
エスイーオー君
訪問者の目的に応じられるサイトだとPRする必要があります。

上のサッカー ゴールを見てみると

Amazonは

サッカーゴールの販売なら」

サッカーゴールを豊富に品ぞろえ」

サッカーゴールを購入したいという訪問者の

目的を叶えているということかもしれません

SEOでできることとできないこと

世の中にニーズがあっても言葉にしにくいもので

あったり検索されないものってあります

 

どんなものでしょうか
ニーズ内容 検索される言葉
クリスマスや誕生日などイベントの

時に家族やカップルに最高の体験を

提案するサービス
クリスマス 家族 体験
検索結果
これはクリスマス 体験のいうキーワードで検索結果が

出てきています
ニーズ内容 検索される言葉
車の保険の更新を検討する 車 保険
検索結果
この場合は保険の更新を探しているとすると

自分のPRしたい会社名が必ず入っていることが

前提になります

サイトの運営

大事なのはサイトの目的を明確にして

訪問者の目的からキーワード、検索エンジン

を挟んでコンテンツ、サイトの目的達成

までイメージをつなげることです

サイトの目的
キーワードの「濃さ」を考える

ことが大事です

 

事例として「プリンを購入したい」人の

検索キーワードは?
訪問者の目的 キーワード
プリンを取り寄せたい プリン 取り寄せ
プリンを食べに行きたい プリン カフェ
プリンを作りたい プリン 作り方
プリンの画像がほしい プリン 画像

キーワード

ロングテールとミディアムワード、

スモールワードなど

訪問者のキーワードで考える必要

があります
種類 キーワード事例
ビックワード プリン
ミディアムワード カボチャ プリン

焼き プリン
スモールワード 簡単プリン 作り方

なめらか プリン レシピ

カボチャプリン レシピ オープン
これらのキーワードの人気は数値化

できますキーワードツールを使用

して決して想像ではやらない

ことが必要です

◆キーワードウォッチャー(有料 無料プランは制限あり)

キーワードウォッチャー

◆キーワードツール(有料)

キーワードツール

◆キーワードプランナー

googleの有料プランになります

などで検索ボリュームを調査し

チェックすることが大切です

 

想像したキーワードでは絶対にしては

いけません

キーワードの「派生語」

チェックしましょう

※派生語とは、ビックワードに

次にくるワードを指します

サイトマップを作る

訪問者の視点から訪問者が見てみたい

コンテンツを作り込んでいきます

サイトマッピング

キーワード選びの注意点

キーワードは1ページ=1キーワードがベストです

 

また言葉の語順も大切です

人気度の数値を見て配置しましょう
検索ワード 一か月の検索数
yahoo google
金沢 土産 3,480 3,191
土産 金沢 0 0
金沢 お土産 32,520 29,811
ご覧のように語順を誤ると

大変な違いが出てきます

言葉を絞り込んで訪問者のニーズにマッチさせる

より絞り込んだ方が検索ニーズと

のマッチ度が上がります

派生語から訪問者の目的を把握する

派生語から訪問者が求めているものが

何かを探ることも大切です

 

どんな人が”そのキーワード”で何を

求めて検索しているかを

推測する力も必要です

ターゲットユーザーの想定表を作成する

ターゲットとする性別、年齢を書き出し

そこから想定する訪問者がどのような

目的でどんなキーワードで検索するを

イメージしていきます

◆想定事例 腰痛を持った人の悩み
性別 男女
年齢層 20~50歳代
訪問者の目的
目的① 腰痛の原因となるものを調査する ビックワードで探す
目的② 腰痛をどのようにしたら治るのかを調査する 治療・条件ワード
目的③ どこの医者へ行けばいいのかを調査する 医者・エリア・条件ワード
目的④ 日常生活で腰痛を癒す方法はないかを調査する 条件ワード
目的⑤ 病気の種類によってどこの医者がいいのかを調査する

口コミを探す
有名医者・病院ワード
目的⑥ できるだけ医者に行かずに治す方法はないかを探す 条件ワード
上記のような想定が出てきます

目的によってはキーワードが変わってきます

 

次にすることは

キーワードを洗い出していきます

ここでは検索されているかを気にせずに

いろんな言葉を洗い出します

 

サンプルとしては20~30は出していきましょう

リストアップしたキーワードを分析しましょう

分析したいのは人気度です

選択したキーワードが具体的にどの程度

検索されているかを確認します

 

人気度(検索数)が1,000以上あればそれなりの

集客が見込めます
  • ニーズのある言葉とニーズのない言葉を見極める
キーワード 人気度
東京 グルメ 2,049
東京都 グルメ ーー
上記は都道府県を付けない方が検索されることがわかります
  • 組み合わせで違いが出る
キーワード 人気度
新大久保 韓国料理 3,023
新大久保 韓国料理 おすすめ 2,106
  • キーワードの種類によって組み合わせる言葉が違ってくる
キーワード 人気度
横浜そごう グルメ ーー
横浜そごう レストラン 6,536
  • チェーン店は個々のページにエリア名を入れる
キーワード 人気度
俺のフレンチ 60,537
俺のフレンチ 銀座 6,614
ホームページで店舗をひとまとめにするより

個々のページにエリア名を入れる方が重要です

カテゴリーは訪問者が検索エンジンから流入する重要なページ

検索エンジンが好むカテゴリーを作ることが大事です

カテゴリーには2種類あります
  1. 定型データ・・・地名、人名など誰が使っても変えられないもの
  2. 独自データ・・・カテゴリーを自分で自由に編集できるもの
定型データに強弱をつけるには

カテゴリー → フラグ → 定型データ

のようにすると効果的です

独自データでは名称をキーワードにする

 

「その他」カテゴリーにたくさんの

商品を入れているとカテゴリーに

マッチしないものが並んでいたりすると

検索エンジンは評価しませんのでよく

検討してアサイン(登録)をしましょう

まとめ

ここまで以下のことを中心に見てまいりました
  • SEOの目的や考え方
  • サイトの目的と訪問者の目的を考える
  • 有効なキーワード検索を調査する
これらを自分の勉強を重ねた文章

 

作りになっておりますが

ご容赦ください

 

キーワードはユーザー目線

に立つことがいかに大切かを

理解できました

 

あとは実践です 頑張りましょう

 

それでは また ありがとうございました

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
SEOの初歩から学ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。