次々と夢を叶える5つの秘訣

夢を叶える5つの秘訣

今日は、本田 健さんが述べる「夢を次々と叶える5つの秘訣」をご紹介します。

 

本田 健さんとは「ユダヤ人大富豪の教え」で作家の道へ進み始めたお金にまつわる作家です。

 

本田さんは言います、夢を叶える人は「行動している人」である。行動していない人は結果、夢を実現できない人です。

 

四捨五入で3.5は半分にも満たない行動量だということだと言いきります。

 

これから上げる5つを夢を叶える人としてご紹介しています。

ワクワクするような夢を具体的に描くこと

通常の延長線上の目標ではなく、大きな夢を持つこと。多少の上乗せの夢や目標では感じないが、飛躍して大きくてワクワクするものを持つ。ワクワクしていないと自分を動かす原動力にはなりにくい。

 

「夢を叶ったように詳細に書きだしておくこと」、が重要と言います。

 

本田 健さん
なぜ?夢を詳細に書きだす必要があるのでしょうか?


 

例えば、タクシーに乗って運転手さんへ行先を聞かれた時に何と答えますか?

「東に向かってくれ」といったら、運転手さんは向かう方向が具体的にわかりませんよね。つまり、行先は具体的に何町の何丁目何番地へ行ってほしいと言わないと、行きたいことへ行きませんよね。

 

これと同じなんです。夢を叶えるために、より具体的に詳細に夢を書いておくこと。クリアに数値とか期日とか目に浮かぶような夢を描くこと。

 

自分の夢を紙におとして書いていくと、さらによくなる夢が出てくる。

 

本田 健さん
なぜ書くことで夢は実現するのか?

書きことでもともとあった現実を選択するということ。もともとあった可能性を具現化すること。ふわふわ浮いていることを下してくること。スマホとかではなく、手で書くことが大事です。消えないペンで書くことがいい


 

そして、夢はパソコン、スマホよりは手を動かして発揮できるものであることが大事です。

その夢を叶えた人をリサーチすること

夢を叶えた人を調査して、どのような考え、行動をしてきたかを知ることが大切です。

 

先に夢を実現した人は、何をすればいいのかを示してくれます。素直に学び、その夢を実現した人がやったことを実行することが一番の近道です。

 

夢を意識し始めると、その夢に関連することが目の前に現れてきます。TVでも、人でも自分が描いたことがどんどん目に耳に近づいてきます。それに気づき深めていくこと。

 

シンクロニシティが起きることがあるといいます。

本田 健さん
シンクロニシティとは何か?

心理学的に言うと複数の出来事が非因果的に意味的関連を呈して同時に起きることを意味する。もっとわかりやすくいいますと、夢を設定していくと、不思議なことが起きます。

作家になりたいと思っていたら、憧れの作家がやってきたり、講演会が開催されたり。ハワイに行きたいと考えていたら、ハワイ行きの情報や、ハワイへの仕事が入ってきたりするようなことが起こる。しかし、これは

目標を定めないとシンクロニシティは起きないといいます

夢を未来逆算して考える

夢は未来の期日で達成されていて、そこから現在まで段階的に遡って考えてみることが大切です。

 

夢が到達点として考えて、そこから遡って現在からそこまでに至るまでのスケジュールを組み込んでしまうことです。

 

例えば、2020年12月が夢の到達点とした場合を参考に書いてみます。

2018年 12月 スタート

2019年 1月  ○○を受講する

3月  卒業する

4月  次のセミナーを受講する

5月  試験を受ける

7月  免許を受ける

8月  開業を開始

9月  事業が順調に行き 売上が1,000万円を達成する

10月  事業 5,000万円の売上を達成する

11月  事業所を別場所に移転し、増床する

12月  2店目の事業所を開業

2020年 1月  従業員 10名規模に拡大する

などなど、夢の達成期日までに何をして、どのような結果を出しているという夢に軌跡を書いてしまう。

会社の経歴をみたことがあると思いますが、これを先に書いてしまうというようなことです。

誰がメンターかを特定する

自分の周りにいて影響を与えてくれる人をメンターを特定してしまうこと。自分の望む夢をすでに達成している人に学ぶこと、教えを請うことが自分の行動を客観的に指導してくれる人が大事です。

 

自分ではわからないこと、自分の中にない選択肢をメンターを広げてくれる。メンターのおかげでいろんなシーンが巡ってくることがあります。

 

できることをすべてやる

ビビっと来たらすぐに行動すること。直観を大切にすること。

 

面白いと思ったら、瞬間にYESを出す。恐れを感じた時はNOを選択できるようにする。直観は時間にして1秒程度の瞬間のものです。

 

そのノリが新しいものを作り出すことになります。

 

先に記述した中に紙に書きだすという中に、書いたことがどんどん現実化してきたときに、すでに書いたことよりも上のことがさらに思いついてきます。最高の夢が実現されてしまい最低になり、さらに上のものが出てきて行動していくことが大切です。

 

まとめ

5つのポイントにまとめさせていただきました。
  1. 夢を具体的に描くこと
  2. 夢を達成した人をリサーチする
  3. 夢を未来逆算する
  4. メンターを特定する
  5. できることをやる
などをあげています。

さらに素直に実行してみることが大切と思います。「そんなことで・・」「そんなの無理かも」とか考えるのではなく、「そうか、やってみよう」とやってみる人が夢を実現することになります。

 

ぜひ、この5つの方法を実践し、夢を叶える大人になっていきたいものです。

 

スポンサーリンク

夢を叶える5つの秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。