働きがいを感じる三つの仕組みとは

働きがいのある仕事環境の作り方について

ドラッガーの考え方より



部下や後輩の仕事への「やる気」を出させる

三つの方法を解説してみたいと思います

企業にとって最大の資産は「人」である

古今 人は財産であるいう企業は多い

社是、経営理念に掲げる企業は確かに多い

 

掲げているだけになっているかは

外部からの判断はできません

社内に所属する人がどうのように感じているか

が定かな部分ではないかと思っています

 

物的資源や資金の”使い方”は

どの企業組織できでも本質的に同じ

ですが 人は違います

 

最も潜在能力が高く 最も

開発を待っているのは人なのです

 

人という資源をいかに活かすか

で成果は変わります

 

人を活かす働かせ方とは

人の強みを成果に結びつける方法

でありマネジメントです

成果に注目する

モチベーションを下げないために

形式に捉われて人をコントロールしないこと

どのようなものがモチベーションを下げるのでしょうか

1.人事制度の膠着化

2.成果主義という制度導入

3.年功序列制度

4.組織への忠誠心

5.人事評価への不満

6.業績低迷

7.努力への評価

8.業績悪化と給与・賞与の減少

9.人件費の削減

(カオナビ 人事用語集より)

1.人事制度の膠着化

終身雇用や年功序列制度などの崩壊から

アメリカ型の成果主義的要素が加わった制度の

老朽化、膠着化が招く弊害があります

2.成果主義という制度導入

成果主義的制度の導入

月次面接を行うことにより各自の行動目標

設定などを取り組む

面談スキルや目標設定にばらつきが生じ

新たな課題が持ちあげっています

3.年功序列制度

永年頑張っていればポストが手に入るというような

時代は終焉を迎えています

時代の変化のスピードは速く

技術的な進歩が速く進みます

 

永年の経験もゼロに期すような時代

背景もあり 永年の経験だけでは

ポストは手に入るとは言えなくなりました

4.組織への忠誠心

マズローの欲求の5段階の安全欲求にあるように

人は安定を好むものです

一貫性の原理という人は「一度こうだと決めたことを

変更したくないという心理が働きます」

 

安定を好む人だからこそ

コロコロと人事制度が変わってしまうと

組織への忠誠心を失ってしまいます

5.人事評価への不満

人事評価への不満、頑張っても評価されない

ことへの不満は転職理由でも上位になってしまいます

6.業績低迷

業績が低迷し始めると 組織改革などがあったり

社員にとってやりがいがない状態になった場合

モチベーションは低下します

 

業績低迷による業績への指摘事項が増加すると

なおさらです

7.努力への評価

社員にとって努力したことへの評価です

頑張っていることへの理解です

理解をする時間、制度が必要です

直属上司の評価スキルにも大きく関係します

8.業績悪化と給与・賞与の減少

給与や賞与の減少は社員のモチベーションをダイレクトに

低下させませす

これは生理的欲求を低下させるために

尊厳要求を刺激してもモチベーションは

保つことはできません

※生理的欲求

食事や睡眠などの本能的な欲求を満たしたいという欲求

※尊厳欲求

他人から求められたり尊敬されたりする欲求

9.人件費の削減

人件費を削減すると理由はどうあれ

モチベーション下がります

No残業デーを増やすとか福利厚生的な行事ごとの

圧縮などはマイナスイメージでしかありません

モチベーションを上げる


やるべき仕事を与えること

仕事の成果に注目して人を指導・育成する

そして、仕事に責任を与える

決定を委ねることが重要です

一つ一つ見ていきましょう

1.マネージャーに必要なものは「正直さ」と「誠実さ」

2.成果が上がる組織文化を作る

3.能力に応じて仕事を組み立てて成果につなげる

4.現場に任さること、任せないことを決めさせる

5.5つの習慣を徹底する

(ドラッカー 別冊宝島より)

1.マネージャーに必要なものは「正直さ」と「誠実さ」

マネージャーとは組織を機能させる人です

もう少しわかりやすくいいますと

自分の部署の成果に対して責任を持つ人を

言います

 

人を使う立場をイメージする人もいるでしょうが

ドラッカーは企業に対して貢献する責任をより

持つという側面が重要としています

求められる任務

①生産性が高まるように自部署を導くこと

オーケストラの指揮者のような役割です

②現在、未来の短期、長期の両面よりリスクの

種類と大きさを判断しリスクを最小限にとどめる

こととしています

また、マネージャーに求める資質とは

「真摯さ」であります

正しいと信じることに対して

正直であり誠実であること

2.成果が上がる組織文化を作る

成果とは打率のようなものです

 

弱点がないということだけを評価して

しまうと、弱点を持った人の評価はどのように

なるのだろうか 人は優れているほど

多くの間違いを犯すとドラッカーは語ります

 

凡人が力を合わせて非凡な成果を上げるのが

組織の強みです 相乗効果で高い成果をあげさせる

のが経営者の仕事です

 

人の働きは 人の心のもちようで

大きく変わります そこで成果があがるマインド

(組織文化)を育むという発想が生まれます

一例を挙げてみます

①天才に頼らない

②成果を基準に評価する

③チャンスに目を向ける

④人事評価を明確にする

⑤真摯であること

3.能力に応じて仕事を組み立てて成果につなげる

人の仕事はスキルや判断の要素をまったく含まない

ものであってはならないとしています

 

フォード式のように効率よく人を配置して生産性を

高めるようにする方法がありました、しかし、人の

仕事はそのようにはいかないとしています

 

生産性を高める糸口は信じること

一人ひとりのスキルと判断力を信頼し

思い切って任せてみること

 

ドラッガーの事例として

ある信販会社の受注の業務を取り掛かった

事務部門で注文書の処理を流れ作業にしていた

苦情処理係、問い合わせ係、ローン申し込み受付化係などと

分担していた

 

この事務業務を特定の顧客ごとに一人が

関連する業務を行うように変更して生産性を

上げたとしています

4.現場に任さること、任せないことを決めさせる

消費者のニーズは複雑になる中

求められる現場のリーダー像も多様化しています

その上に立つ者は 彼らが成果を発揮できる環境を

整えなければなりません

 

現場管理者が本当の経営管理者の仕事を

任され 必要なスタッフをもち 権限を

与えられ その率いる単位組織が十分な

大きさのものになった時 初めて彼らの

仕事も処理可能なものとなるのです

 

「仕事は現場に任せる」と言いながら

仕事の仕組みづくり 動機づけ、報酬の設定

原則や慣行の問い直しなどに対する権限が与えられて

いないのケースが多いのではないでしょうか

 

理想の現場リーダー像は

「自分で決められること」

5.5つの習慣を徹底する

成果をあげる人間になるために

特別な才能は必要はないとしています

下記にあげる5つの能力を磨き

習慣化することでムダな労力やストレス

なく自然と成果を上げることができると

しています

①時間を体系的に使うこと

自分は何に時間をとられているかを自覚する

②期待されていることを意識する

「やりたいこと」に力を注ぐのはなく

「してほしいこと」ことを察して

仕事を組み立てる

③自分の強みから考える

弱みを減らしても成果は見えずらい

秀でている長所を見つけましょう

④常に優先先の仕事をする

優先度を高める、力を集中する

⑤手順を明確にする

仕事の進め方を決めて進める

人が「働きがい」を感じる仕事環境とは


仕事にやりがいを与えるには

自己管理を促すこととして以下の3つを上げています

1.チャレンジ性のある仕事が与えられている

2.成果についてフィードバックがある

3.継続的に成長できる

(ドラッカー 別冊宝島より)

1.チャレンジ性のある仕事が与えられている

真に必要な仕事が与えられて

自分の能力ともマッチしている

評価の基準も明確でツールや参照する

情報が与えられていること

 

2.成果についてフィードバックがある

自分の仕事の成果について

評価がフェアであること

過大も過小の評価がなく

自己管理が可能であり人は

仕事に対して意欲的、能動的になります

3.継続的に成長できる

自分の能力をより専門化

より高める環境が整っていたり

新たな経験を積み問題意識を抱き

ニーズを感じることができることが肝心です

まとめ

1.企業にとって最大の資産は「人」であること

2、あくまでも成果に注目すること

3.働きがいを感じる仕事環境を考える

 

企業は人がいないと動いていきません

すべてが機械には置き換わりません

人を使って価値を生み出す仕事であれば

避けては通ることができません

 

ドラッカーの考え方をもとに

「やる気」を出させるためにを記述いたしました

それでは また ありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。