40代からの人生の折り返し方

40歳代は多忙です


・中堅社員としての日々

・後進に経験を伝える重責

・管理職登用の時期

 

自分のキャリアデザインを省みたり

する時間をなかなか捻出できない実情

があると思います

 

そんな中、漠然とした不安を覚えることも

あるのではないでしょうか

 

現在社会の抱える問題点は

人口減少、グローバル経済、財政再建

など問題が山積な日本社会です

 

また家庭に目を向けてみると

子供の教育、住宅ローン、親の介護

定年後の生活設計など直面していくのが

40代の折り返しではないでしょうか

 

自分の課題発見

40代からの折り返し時点で

自分は5年後、どのような仕事をしているだろうか

定年後を迎えた後、60代、70代をどのように過ごしていくか

 

40代の中堅社員こそ社会状況の変化に的確に対応して

いかなくてはなりません 業務の遂行、広域的な視点からの

連携・調整することが必要となってきています

 

また特定分野の精通した専門性の必要性

昨日までの知識と経験だけでは対応できない課題が

突きつけられてきます

メソッド

40代からのスキルアップ、またはキャリアを積む

などの対策があるでしょう

「やる気」さえあれば

手段は悩む種ではありません

 

目標設定はストレッチで行う

運動でもいきなり全力でやってしまうと

身体を痛めることになります

 

徐々に筋肉を伸ばすように

少しつづ目標を伸ばす(ストレッチ)ことで

誰にでもできるようになるのです

 

目標設定を高めに設定してしまっては

挫折するリスクが高くなります

 

あくまでストレッチ感覚で自分の目標

を設定することです

 

目標設定が決まったら

周囲の人たちに伝えるのです

 

そうすることで人へ伝えたプレッシャーで

目標に向かって進む原動力になります

 

「なぜ」「どうして」と小さい子供たちは

質問を連呼してきます

好奇心の塊です

 

遊びにも夢中になって子供は行動します

このような子供たちの能力を「子ども力」と

謳ったキャリアアッププランには欠かせないものと

しております

 

課題を見つけてしまえば

それを提起して解決していうプロセスを経て

あなたのスキルはもっとアップしていきます

 

また「子ども力」を自分の中に再生し 日々

の仕事客に見つめなおしをしてみましょう

 

プチメンターを持つ

40代になるからこそ

ある特定分野に詳しい人物をプチメンターとして

位置付けてみませんか

 

デジタルスキル、会計処理に秀でたメンター

などなどを自分の中のメンターにしてしまうのです

 

プチメンターのメリットは 知識の吸収でけに

とどまりません

 

他の部署、他の会社、地域社会へとプチメンターを

広げてていくことで人的ネットワークが形成されていきます

 

そうした人的ネットワークこそが、大きな「未来資産」と

なっていくのです

 

それでは、また、大島です

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。