高齢社会 定年後の雇用を考える


高齢社会

 




高齢社会




日本は高齢社会を迎えています







60歳以上の人が全人口に占める割合




2017年 27.7%




2018年 28.1%




この割合は世界1位となっています







60歳からの人生設計をどのように立てているでしょうか。

現在と同じ収入を得るのは厳しい世の中になってきています。

60歳からの生き方を今、まさに設計を開始してみてはいかがでしょうか







50歳の方々の社会はどのようになっているのか




不安が募っていくのではないでしょうか。




あと10年先 2029~2030年はどのような社会になっているでしょうか。







 定年制




この年代に迫る問題の一つとして定年 継続雇用 年金支給がどのように変化していくかがあります。




世界共通の問題ではあると思います







日本では高齢者雇用安定法で事業主に対して三つの施策を提示し、




いずれかの施策を行うことを義務付けしています。







1.定年年齢を60歳から引き上げる




2.継続雇用制度の導入




3.定年制度そのものの廃止







世界の他国では定年はどのようになっているのでしょう




アメリカ     年齢を理由に差別することを禁止しています




カナダ      定年制を禁止




イギリス     定年制を禁止




オーストラリア  定年制を禁止




ドイツ      65歳




マレーシア    60歳







現在の日本では定年制を敷いている企業はどのくらいあるのでしょう。




厚労省が出している「平成29年就労条件総合調査 結果の概況」によると調査対象の4,432社の内 95%の企業が定年があると回答しています。







2017年のデータではありますが、




79%の会社は「60歳定年」




16%が「65歳」となっています。







定年でもらえる退職金は平均どのくらいあるのでしょう。




20年~45年の勤務で学歴別の見る時は以下のようななっています




大学卒 1,983万円




高校卒 1,618万円







退職給付制度がある会社は6,370社の内 80.5%になっています




 定年後の雇用







" class="wp-image-117" srcset="https://i2.wp.com/lifestage.xyz/wp-content/uploads/2019/02/614a18c03df629a115382f35357ece3c_s.jpg?w=640&ssl=1 640w, https://i2.wp.com/lifestage.xyz/wp-content/uploads/2019/02/614a18c03df629a115382f35357ece3c_s.jpg?resize=300%2C200&ssl=1 300w, https://i2.wp.com/lifestage.xyz/wp-content/uploads/2019/02/614a18c03df629a115382f35357ece3c_s.jpg?resize=320%2C214&ssl=1 320w" sizes="(max-width: 640px) 100vw, 640px" />







定年後、どのような働き方をみなさんするのでしょう




 再雇用を希望する方




新しい職場を希望する方




起業をする方




仕事をせず、貯蓄の取り崩しと年金で生活していく方




様々であろうと思います







再雇用を希望する方は多いのではないかと思っています。




データがあります




平成28年の「高齢者の雇用状況」によると82.9%の方が継続雇用




を希望しているようです。







継続雇用制度というものはどんなものかあるのでしょう




1.定年延長




2.勤務延長




3.再雇用




4.定年の定めを廃止




がありますが 4 の定年の定めを廃止するということは




全体的にみても




わずかしかないのが現状になっています







では定年後も働く理由は何でしょうか






・やめたら何もしなくなるから




・体力の低下などが起こるから




・働くことが好き




・リタイアしたら腑抜けのイメージがある




があげられるようです。







継続雇用後の収入




継続雇用の給料はどのくらいなんでしょう




企業の給料水準は定年時の6割程度が一番多いようです




反面 勤務する側の従業員は8割はほしいと思っています。




この企業と従業員の思惑のギャップは大きいものと言わざるをえません。




現実は厳しい




継続雇用されるも、新しい職場を探すも厳しい状況であることには変わりありません







企業とすると継続雇用に対する不安要素は何があるのでしょう




・保有する技術・スキルが陳腐化していく




・新しい技術を習得するのに時間・費用を要する




・個人による能力や体力の差が大きく、雇用リスクが高い




・高年齢の技術者の活用するノウハウが社内に蓄積されていない




などというデータです







起業という生き方







パソコン ネットビジネス







いろいろな選択肢はあるでしょう




勤務時代に培ったスキルを生かした働き方を望む人




飲食店を開店する人 等々







ネットビジネスというものをご存知でしょうか。




今、御覧になっているインターネット上でビジネスを




行うのです。




メリットとしては、大きな資金を必要としません。




単にパソコン、インターネット環境が最低限あれば




できてしまいます。




ネットビジネスと言っても方法はいくつもあるので




改めてお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。