肉の日モリモリ食べ!元気力アップ、美味しく楽しむために

肉の日


毎月29日は4年に一度の「肉の日」です。日本人は肉をモリモリ食べるようになって長い年月が過ぎてきました。1945年当時の日本人の男女の平均寿命は50歳に達していません。

 

当時のアメリカの平均寿命は60歳、北欧では70歳に達していない状況。日本はそんな中でも最下位に位置していたのです。

 

動物性タンパク質が不足をしていたのですが、1950年ごろから日本は改善を図ってきました。

 

その当時と比較すると2019年には5倍の肉量を摂取しています。ただ当時は肉だけでなく魚介類や脂肪の摂取も不足しており感染症や疾患に対する抵抗力が弱かったのです。

 

このような歴史があって食料事情が大きく変化、平均寿命が大きく伸びてきました。

 

当時からの食糧事情があって現在まで、体の抵抗力を強めたりするためにもタンパク質が必要だと肉の消費を増やしてきたのです。ここ数年は高齢者の長寿化が進み高齢者のタンパク質不足が問われています。

 

肉の日にいうのも何ですが、肉が大切なことはわかっていますが、肉を食欲に任せて食べて良いのでしょうか?なんとなく肉の食べ過ぎは健康によくないという気がします。

 

以前はよくコレストロールが溜まるなどの問題も話題になっていました。そのあたりが不安だという人のためにこの記事では肉を美味しく楽しむためになるべくわかしやすくお伝えしますね。

 

肉の日って何?

毎月29日の「肉の日」。

 

これは都道府県食肉消費者対策協議会によって制定されています。販売業者が特別販売などを実施していたのが始まりです。

 

今では焼き肉店、ステーキ店、レストランなど肉料理を提供する飲食店が華やかな宣伝を繰り広げています。

 

肉を食べることへの健康への影響

世界観研究基金が膨大な調査結果に基づき、2007年に報告書を出しています。

 

それによると、鶏肉を除く牛肉、豚肉、羊肉などの赤身肉は大腸がんのリスクを高めるので、週500グラム以下にするように推奨されています。

 

一般的な日本人は、鶏肉や卵で動物性のタンパク質をよくとっていますので、赤身肉をよほどステーキやしゃぶしゃぶを連日食べることがなければ、量については気にすることはありません。

 

肉を食べることの効用

肉は人の体を作り、維持していくための必須のタンパク質をたくさん含んでいます。

 

体内のタンパク質には、筋肉のタンパク質分子から、ミクロの分子、例えば細胞内の酵素で数え切れない種類が体の中にあり、タンパク質は全て消耗品です。それぞれを補充するために原料となるタンパク質を良質の肉などから食事として摂取します。

 

極度に食べ過ぎることを気にしたり、淡白な食事を好む高齢者が肉の摂取を減らし続けるのは、体の元になるタンパク質の補充ができないのでよくはないです。

 

適正量の牛肉や豚肉は鶏肉とともに摂取が望ましいとしています。

 

栄養素ロイシン等などのアミノ酸の補給

肉には肉でないといけない特別な効用もあります。

 

近年、高齢者の筋肉減少と筋力低下によるサルコペニアが大きな問題となってきている。要介護を防ぐためにも、高齢者の筋肉減少を改善する必要があります。そのためにも筋肉タンパク質の原料となる必須アミノ酸(ロイシン等)を多く含む牛肉などのタンパク質を、ある程度摂取することは必要です。

サルコペニア対策

健康なシニア生活をするためのサルコペニア対策

2020年1月14日

 

筋肉タンパク質の改善を図るためには、タンパク質の摂取に加え運動による筋への刺激が必要であることも知られています。

 

ただしこの場合、運動の質も要求されています。砂の改善の運動はウォーキングなどの有酸素運動で充分ですけども、サルコペニアの予防、治療の運動はジムでマシンを使って筋肉を鍛える運動組み入れる必要もあります。

 

アラキドン酸の補給

脳の神経細胞に多く含まれ神経機能の維持に重要な成分でオメガ3系脂肪酸があります。

 

青魚青魚に多く含まれている。


 

脳の神経機能にはオメガ6系脂肪酸のアラキドン酸というものも必要です。

 

これも肉に多く含まれています、このアラキドン酸の摂取の意味でも肉の適正量の摂取が望まれます。


肉を食べる注意点

日本人は体質的に肉類に含まれる動物性タンパク質のプラス面よりも下のマイナス面の影響もあります。

 

日本人の腸は欧米人より腸が2mほど長く、栄養素を吸収する面が多くありエネルギー源となるブドウ糖を多く取り込めるため血糖値を上昇し肝臓で合成される脂肪酸が増えてコレストロールの合成にも進みやすいと言われています。

 

日本人は代謝能力が低いために脂肪を燃焼させにくい体質であることから余分に摂った脂肪を燃焼させて、健康に影響が出ないように食べ過ぎないことがポイントです。

 

美味しく健康的に肉を食べるために

調理法

  • 肉はドロップ(肉汁)が出るので、クッキングペーパーでふき取ってから調理する
  • 牛肉をステーキにした時、塩・コショウを振ると余計に水分が出てしまいますので焼く寸前に振る。
  • 肉に小麦粉や片栗粉を薄くまぶしてから調理すると、肉の旨みが逃げない。
  • 肉を梨、りんご、パイナップルなどをすりおろし漬け込んでから料理するのも酵素が効いて美味しい。
  • 麹、ヨーグルトなどの発酵食品で下味するのもお勧めです。

 

まとめ

29日をきっかけに肉を食べるのはとてもいいことです。高齢者へも肉を食べましょうとTV健康番組でもやっています。超高齢社会に突入している日本においては大切なことです。

 

しかし、日本人の体質として若年層にとってはバランスのよい摂取を心がけないといけないという警鐘も加え肉の摂取についてお伝えしました。

スポンサーリンク

肉の日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。