こうじ|プロフィール

こうじ


lifestageにおいていろいろな「わからないこと」「知らないこと」に出くわします。そんなシーンに「そうだったんだ!」「わかった、そうするのか」「やってみよう」と有益な情報を提供しお役立ちできれば嬉しいと思っています。

運用者の略歴




58歳からの(自称)ブロガー。結構、おちゃらけが好きです。※おちゃらけとは・・・くだらないことを言ってふざけること。








石川県金沢市の生まれです。幼少期は実家が飲食自営業であり、忙しさから子育てする余裕がなく近隣の他人の家で小学校に上がるまで育つ。




その近隣の家庭は8人兄弟、といっても7人は女性でしたのでいつも遊びはお人形ごっこや、着せ替えをしており、自身もスカートを履いて喜んでいたらしい。小学時代は、普通の大人しい子どもであり、目立ったことがないまま育つ。




幼少期に育った近隣のお家へ遊びに行くも両親に遊びに行くなと注意されながらも行っていました。女性に囲まれて育った環境下のせいか、ナヨってした部分を隠しもち大きくなっていきました。中学にはサッカーを、高校では応援団をやりました。








応援団では甲子園に行くことが何回もあり、内面とは裏腹な容姿になった時期でもありました。大学は首都圏に出て遊びましたね(正しくはアルバイトしましたね)ボーイ、道路工事の警備員、築地市場での氷落とし作業、怪しい器具の販売、森ビルの清掃、呼び込み、等々 東京を満喫して卒業後は金沢へ戻ります。




金沢地元の大手卸売り会社へ就職、朝から夜中 オールナイトニッポン放送のラジオ聞きながらの作業が続き一年で退社。




親の家業を継ぐことに。しかし、バブルがはじける時期に家業では物足らなさを感じ、もう一度サラリーマンの世界へ戻る。




大手車メーカーのクレジット会社へ就職。金融業界を知ることになる。クレジットから中小企業向け融資会社へ同業転職をして、スキルを伸ばす。




地方の営業所立ち上げ、所長を命じられ単身赴任で移動をしました。その当時、自分の仕事と同じ内容のマンガが話題になりました。




下のマンガです、やっていることが同じで当時は笑ってましたが、友人や家族に仕事内容を言えず、悩むこともありました。




映画でも話題になったのが、「マルサの女」「地上げ」という言葉が大変に流行りました。






正に、バブルが弾けた日本を象徴する お金お金の世界にどっぶり使っていました。しかし、某同業の商事会社がやらかしました。取り立てに「腎臓を売って金にして返済しろ!」とやっちゃいました。




その音声が録音され、世の中にばらまかれ。国会問題になり、貸金業規制法なるものが立法府で検討され施行されたのです。あっと、いう間に貸金融業者はバタバタと倒産。私はいち早く離脱。




地元に戻り食品会社に勤務。そこで20年以上勤めてきました。20年間では女性の部下を10名以上持ち女性の悩み、愚痴、怒りを一身に受けてきて自分もボロボロになったことも。




女性ではココロの病になる人も出始め一緒に悩む日々もありました。




食品会社での職種は営業でしたが商品開発、社内インフラ整備、市場開拓、などを経験し、8~9年前からはやり始めたSNSも社内ではいち早く開始してきました。




社内でのショッピングサイトを立ち上げネットビジネスにも携わってきました。




58歳を超え定年が近づくにつれ、定年後の生き方を模索し始めていたときにブロガーで活躍する人たちを知りネットビジネス 自分で起業をするこということに初めて興味を持ち始め、スタートを切りました。会社のアカウント以外をはじめて作り、スタートをしています。




会社という背景なしで、立ち上げていくことは勉強の日々です。目指すは「イケハヤ氏」「かん吉氏」「立花岳志氏」のような幅広い行動と知識でウェブマーケッターになることを目指します。





スポンサーリンク