本当の自由とは、自分で考え、自分の考えた通りに行動できること

切に生きる

瀬戸内寂聴さんの著書「切に生きる」に書かれた一節より

 

寂聴さんのお考えがぎゅっと詰まった一冊です。

 

一ページごとに考えが短くまとめられており、心に染み入る言葉ばかりです。一ぺージめくるたびに感動を覚える言葉が並びます。そんな言葉をかいつまんでご紹介をさせていただきます。

自由とは何でしょう?

寂聴さんの言葉より

「本当の人間の自由とは、自分で考え、自分の考えた通り行動できることです」

 

私たちはこの世に送り出されてきた(中略)

送り出されてきたということは、何かの役に立つためだからだと思うのです。何をするために送り出されてきたのかというと、与えられた命によって、生きていることによって、その自分の存在によって、自分以外のほかの人たちを幸せにするためためだと思います。

自分がここに生きている、そのためにまわりの人たちがなんとなく心があたたまるとか、あるいは自分のできる範囲の力で助けられるとか、生きていてよかったと喜びを感じるとか、そういうために私たちは、あなたたちは、すべて送られてきていると私は考えるのです。

こうじ
何のために生きている?と自分自身に問うことって生きていてあると思います。そんな哲学的な悩みを持って宗教や、哲学に傾倒する方もいると思います。私は、寂聴さんのこの短いことばに、その答えがあるように感じています。


 

人間はひとりでは何もできません。周りを見渡してみて目に入るもの、すべて誰かが作ったものです。服、家、食べ物、水にしても誰かが水を引いて自宅まで引き入れる装置を考え設置しています。すべてが人が関わっています。

 

誰にもお世話にならずに生きているという人はゼロです。逆にいいますと、それらに携わった仕事をしている人は誰かのために役にたっているのです。つまり、誰かにために生きていると言って他なりません。

 

引きこもりで自分の部屋でじっとしている人も、その家は誰かが作り、着ている服は誰かが作っているのです。確実に人のお世話になり、また、その人の作ったものを使っているという”誰かのお役にたっている”といえると思います。

 

本当の自由とは、自由に生きるとは、傍若無人になんでも好きに生きるということではなく、人のためになるように自分で考え、行動する中にあると思います。

 

仕事の中に目標や、目的が生まれる。そこですることが、他の人を幸福にすることにつながる。私は、それが働くということだと思います。

 

とても心に染みるいいお話しでした

スポンサーリンク

切に生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。