adhd特徴を知ることで社会生活を円滑にコントロールが可能になる

adhd特徴
スポンサードリンク

adhdを新聞やTVでみたことはあるかと思います。日本語に訳すると「注意欠如・多動症」と言います。英語表記ではattention-deficit hypreactivity disoder。

adhdとは何か

この言葉はいつごろから出てきたのでしょうか。昔は落ち着きのない子供で、すませていたのかもしれませんが、調査してみると西洋では以外と古くから状態の報告はあがっていたようです。ここ10年の間ではないかと思います。西洋では100年以上も前より研究が進んでいたようです。

 

adhd症状は2つの症状があります多動型不注意型です。刺激することで本人は動揺し心理的不安定を引き起こし、部屋を歩き回ったり、ドアをいきなり絞めたり、簡単に興奮する症状です。また、周囲の音に敏感になり注意が散漫になってしまう症状です。

adhd特徴はどのように診断されるのか

一般的にアメリカ精神医学会がまとめた精神障害の診断指針WHOが発表している国際疾病分類マニュアルという基準に従い、本人の診断だけでなく家族などの身近な人からも成育歴を聞き取り母子手帳や通知表などの根拠となる資料を参照して心理検査を用いた上で発達障害を専門とする精神科医が慎重に診断をするようです。

 

adhdは発達障害の一つです。成人の3~4%がいるとされています。これは生まれた時から脳の一部機能に偏りがあることで生じるもの。言語や行動などの発達に関する特有の特性を示しています。

癇癪飛び出す
但し、軽度の場合は周囲の環境によっては子供のころには見過ごされてきたことが、大人になり就職や結婚などによって行動の範囲が広がり人間関係が複雑になっていくことで問題が生じ対処しくれなくなって発達障害を疑い医療機関を受診する人が増えてきているようです。

大人のadhdの症状の特徴

【1】多動性・衝動性としての特徴
  • 貧乏ゆすりなどの目的のない動きをする
  • 感情は不安定になりやすい
  • 過度のおしゃべりや不用意な発言をする
  • 衝動買いを繰り返す
  • アルコールや薬物への依存
 

【2】不注意としての特徴
  • 会議や事務処理で注意を払い継続が難しい
  • 単純ミスが多い
  • 片づけが苦手、忘れ物が多い
  • 指示をすぐに忘れる
  • 人の話をきちんと聞けない
 

上記のような症状から2次的な症状が発症する場合があります。それは自己否定感からの「うつ病」「パニック障害」「社交不安症」などが起こりやい。

 

このように言葉で書いていくと、このような状態の人は周囲にたくさんいるような気もします。結局は程度の問題でadhdと診断されるのではないか、とさえ思ってしまいます。

 

一つのことに考えが集中できないというadhdの特性は逆にいうとアイデアが豊富で好奇心があるとも捉えられます。

大人のadhdの治療

薬物療法

薬では根本的に治療できるものではありません。しかし、薬物療法でコントロールし社会生活で困難さを軽減することが期待できます。

 

心理社会治療

医療機関で行われている「グループ・プログラム」

同じ悩みを持つ人同士が集まって悩みを共有し、話し合いなどを通じて新しい知識やスキルを習得しています。adhdのある人たちと出会い、会話することで共感が得られたり自分の特性が明確になって自己理解が深まったりするとともに自分が抱えている困難に対処していけるようになることが期待されています。

職場にadhd特徴に人がいたら、どのように付き合えばいいのか

adhd特徴は後天性のものはないということです、結局は先天性として存在し子供のころは気が付かない程度であったと人が大人になって自分の症状を見て疑って診察を受けて初めて自分がadhdだと認識する方がいるということです。

 

実際に会社において部下などが注意散漫、失敗を繰り返す、指示を守れないなどがあるとこの症状を考えてみます。

指示をすぐに忘れる

指示したことの中にいくつかはすぐに忘れてしまう。この場合はメモを取らせる工夫が必要です。また、複数の指示の場合はいくつかを忘れてしまう稽古yがある時は1個1指示にするようにしたら良い。

曖昧な指示語が理解できない

adhd特徴としては、「これ、あっちへだいたいでいいので、運んでおいて」などという「これ」「あっち」「だいたい」などの曖昧表現はなかなか理解されないようです。状況の呑み込みがよくないのでもっと具体的な指示をしたらよいと思いまう。

何でも先延ばしにする

言われたことを「後でしよう」とする傾向があります。これも明確に「何時何分までに」とか明確な指示が伝わると思います。

物事を額面通りに受け止めます

adhd特徴で物事を額面通りに受け止めてしまう傾向があります。書かれたことを手抜きができないのできちんとやろうとします、しかし、時間がかかる場合があるのです。

まとめ

以上のようなことを書いてきて思うのですが自分の部下であったらイライラし早くしろ!って言いたくなるかもしれません。

 

大切なことは怒鳴らない、怒らない。

小さいころから怒られ怒鳴られた経験を持つadhd特徴を持つ人たちは幼少期から自己評価が低いのですから。

脳の発達障害から来ています、怒鳴っても仕方ありません。承認していくことが大切だと思います。

それでは また ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
adhd特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。