シニアの就業環境は変化してきている

60歳以後の仕事

シニア世代に厚く活躍の場を提供している

企業が紹介されていました

「新鮮市場きむら」様です



シニア層を積極的に採用をしているとニュース番組に

取り上げられていました

 内閣府の資料より

高齢者の就業状況は上記のグラフをご覧ください

赤色の折れ線は右肩上がりです

2016年には6,073万人の労働人口の内

65~69歳の人は 450万人

70歳       336万人

65歳以上の人は 11.8%の伸びをしてしています

 

働けるうちはいつまでも働きたいという高齢者は4割にも達しています

企業の取り組みも変化をしてきています

希望者全員が65歳以上まで働ける企業は7割以上あります

 

いい事例として取り上げられた新鮮市場きむら様


 

仕事は食品スーパーさんです


給料も手厚くされています


若い社員へはシニアがきっちりとノウハウを

提供されています


なんと最高年齢者81歳の方が売り場におり

現役でお仕事をされています

シニアと共栄して労働力不足を補っていける

と考えています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。