1,000万円を溜めた貯蓄賢人の3つの秘訣

スポンサードリンク

 

今回、ご紹介するのは1,000万円を

溜めた人たちを8年間にわたって取材した

記事よりご紹介いたします

 

貯蓄を守ること

お金は使わなければ当然 溜まります


欲しいものがあると言って

その度に買っていたら

貯蓄という”蔵”の中は当然 減っていきます



毎日の生活の中は「欲しいもの」の連続です

 

貯蓄は”欲との闘い”です

 

より具体的な目標であればあるほど、強固なものに

なります。貯蓄に意味を持たせることで欲に負けそうな

時にも踏ん張れます。

 

具体的なゴールイメージを持つことで貯蓄額が

十分かをチェックします。

 

貯蓄は継続がすべてです

「これを絶対叶えたい」というブレない

目標が必要です

貯蓄は年間で見る

お金を溜める人は貯蓄を月単位でなく

年単位で考えます


その方が年間で溜まっていればいいと

すると小さな挫折や貯蓄額の変動を

気にしなくてすみます。

 

家計を大きな流れでとらえることが

ポイントです。貯蓄を年間で見るという

ことは出費も年間で見るということ

に他になりません

 

貯蓄をしっかりとしている人は

年間でかかる出費を計画的に特別出費

として管理しています。

 

特別出費とするようなものには

固定資産税、車検費、冠婚葬祭費、

家電の買い替え費、旅行などがあると

思います。

 

すぐに行動に移す人、違うと思ったらすぐにやめる人


 

貯蓄っていうものは人から良い方法を

教わっても必ずしも自分に適合するか

はわかりません。

 

どのようなことが自分に合うかは

やってみないとわからないのです

ですからまずは行動してやってみる

ということが一番大切です

 

そしてストレスが溜まるようなら

すぐに止めてみることができるか

 

人の脳は面倒くさがりです

新しいことへの挑戦や暮しに変化

をもたらすことは嫌がります

 

それも脳は生命を維持していくため

になるべくエネルギーを蓄えよう

とする動きになるためです

 

すぐに行動を起こすことによって

”変化を恐れない脳”を作り上げて

いくことですやってみて初めて

 

意外な自分の「好き」や「苦手」

もわかるものです


脳が面倒くさがる前に

行動してしまいしょう

 

変化を恐れない脳にする行動


1.お店でいつも注文するもの意外のものを注文する

2.自分の好みでないもの、ないことをあえてやってみる

3.いつもと違う道を歩む

4.たまには反対意見を言ってみる


 

まとめ

貯蓄のためにいきなり高い目標設定ではなく

まずはやりくりを整えることを優先すること

が大切です

 

未来を見通して必要になるかかるお金は事前に

別のよけておくこと

 

自分のあった貯蓄の方法をトライ&エラー

発見をするようにする

 

何よりもブレないマインドを持ち続ける

ことが大切です

 

 

それでは また ありがとうございました

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。