電磁波過敏症に悩む人が意外といる!?

電磁波を考える
スポンサードリンク

我々の身の回りは電気がないと

生活ができない環境になっています

 

しかし、電気から「電磁波」

というものの影響と

いうものに対して気に留める人

はどのくらいいるでしょう

 

人体はこの電磁波に対して免疫を

持っていないといって

間違いないでしょう

 

さらに今まさに5Gの時代

がやってきます

 

この電磁波は今後

どのようになっていくのでしょうか

 

「電磁波」とはなんでしょうか

電気機器からは電圧・電流によって

電磁波が発生しています

電波塔
「電磁波」自体は自然界

にも存在します

 

赤外線、紫外線、可視光線などの

光も電磁波の一種です

電磁波の分類
その物が悪さをする

訳ではありません

 

しかし、人工の電気によって生じる

電磁波には健康に対するさまざまな

問題が発生してきているようです

 

高周波の電磁波は生体の温度を

上昇させることがわかっています

電磁波
電子レンジとスマホの熱作用を

比較するとはスマホは軽微

といえるかもしれません

 

本当にそうなのでしょうか

スマホで長電話するとスマホは

熱を発します それは使って電池

が熱を発していると思っていました

 

でもそこには電磁波が熱を発生

させているのではないのか

電磁波
スマホメーカーのHPでは

スマホのメーカーの長時間使用時の発熱について


1.バッテリーに負荷がかかる

2.CPUに負荷がかかって発熱する

となっています


生体への影響については

何ら触れられてはいません

 

総務省のHPに生体電磁環境

についての報告書があります

 

200頁以上ありますので

読むには骨が折れますが

一度ご覧ください

生体電磁環境に関する検討会 第一次報告書

報告書の中では現在までに

目立った実害が見つからないとして

いる様子が伺えます

 

しかし スマホなど携帯が世の中に

出てきて30年くらいのもの

これからがわからないというものです

何もないかもしれませんが・・・

 

しかし、世界では以下のような施策を

とっている国があるのも事実です
  1. WHO(世界保健機構)が電磁波と公衆衛生で人々を電磁界から遠ざける施策をと指摘。
  2. 米FDA(食品医薬品局)では携帯電話使用者の電磁暴露が最低限になるように業界へ要請
  3. スウェーデンでは電磁波の影響が最大2ミリガウスになることを目安に学校・保育園を移動
  4. イギリスでは16歳以下には携帯電話を控えるように国が勧告
日本の電磁波対策
5万ミリガウスを磁界の安全目安としている


 

もっとも電磁波の影響を受けるときとは

睡眠中とされています

睡眠中は同じ場所から動くことがなく

リラックス状態でもあり抵抗力が

落ちるためと思われています

 

寝室の電磁波環境を変えるだけで

アトピーや扁桃痛が治ってしまう

ケースも出ています

電磁波の健康への悪影響とは

電磁界の健康への悪影響と裏付ける証拠

はないと専門家の意見があります

 

しかし、世界の中で電磁波に対して

規制が出されている国があるにも

関わらず日本は静観していると

いわざるを得ません

家の電磁波
しかし、健康への被害は長い年月に

おいて生体に蓄積されてわかるものかも

しれません

 

電磁波に対して突然過敏になって

くるように生体が蓄積する許容量が

オーバー期を迎えることがあるかもです

 

5Gの時代到来 単純計算で4Gから

5Gになることはいままでより100倍

の通信速度になります

 

これらが、我々にもたらせる

利便性向上は想像以上かもしれません

産業革命が起こるともいわれます

 

しかし同時に人体への影響とに

ならぬようにしないといけませんね

まとめ

この電磁波の話は人から教えて

いただいたことが切っ掛けで

知りえた情報です

 

電磁波のことで著名は先生

丸山先生のサイトを

ご紹介いたします

 



人からの紹介で自分が使っている

ペンダントです 丸山先生とは

関係ありませんが(笑)

created by Rinker
17e09c78.e1eb185d.17e09c79.c5597e33


 

電磁波ペンダント
苦しんでいた夜21時に現れる

謎の蕁麻疹が和らいできました

 

まだ研究結果が深まっていくであろう

電磁波のこと

知らないより知っておいた方がよい

ように思います

 

それでは また ありがとうございました

スポンサードリンク
スポンサードリンク
電磁波を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。