酢納豆って体の何にいいの?

酢納豆

納豆は体にとって大変いい栄養があるという話は誰もが聞いたことがあると思います

そこに「酢」を加えて食べる「酢納豆」

これは間違いなく体にいいと感じます。

これって体にとってどんな効果があるの?っていいう疑問について書いていきます。

 

納豆の栄養と効能

納豆は良質なタンパク質を含み、大豆イソフラボンは腸粘膜を強化したり、乳がんや前立腺ガンを予防してくれます。

納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれていて、全身の血栓を溶かしてくれて血流をよくします。

ナットウキナーゼは50℃以上で活性が鈍くなり70℃でほぼ働きがなくなる。よってご飯にかけて食べる時は熱々のご飯よりは少し冷えた48℃くらいが良いですよ。

また納豆菌は常温で発酵が進みます、食べる前には冷蔵庫より事前に出しておいて食べた方がいいですよ。

酢の栄養と効能

酢の中にはクエン酸が含まれ血流改善効果があります。血小板が必要以上に集まるのを防止します。

食後の血糖値を急上昇するのを抑えたり血中コレストロールや中性脂肪の値を下げる効果があります。

「酢納豆」という合わせたものの効能は

「納豆」も「酢」も血流改善に効果を出すものですから一緒に摂取することは全身の血のめぐりをよくする効果がある。

さらに、納豆に酢をつけると多量の短鎖脂肪酸を作り出します。

短鎖脂肪酸とは
ヒトの大腸において、消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を腸内細菌が発酵することにより生成される。生成された短鎖脂肪酸の大部分は大腸粘膜組織から吸収され、上皮細胞の増殖や粘液の分泌、水やミネラルの吸収のためのエネルギー源とされます。

また、一部は血流に乗って全身に運ばれ、肝臓や筋肉、腎臓などの組織でエネルギー源や脂肪を合成する材料として利用されます。その他にも短鎖脂肪酸には、腸内を弱酸性の環境にすることで有害な菌の増殖を抑制したり、大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進する、ヒトの免疫反応を制御する、などさまざまな機能があることが知られてきています。


なんだか、すごく体によい食品になると感じです。

さらに、目の老眼にもよいという声が上がっています。

明確な根拠はないのですが両方とも血流促進に役立つので目の血流をもよくし老眼によいでのないかという噂が流れています、しかし、これは推測でしかありません

まとめ

納豆に酢を入れてかき混ぜる

納豆の粘りが酢に絡まり白くネバネバしたものが紐のような感じで伸びます。

ただ、毎日継続して食してみていかないとその効果の程はわかりません。

ぜひ、お試ししてみてください。

 

スポンサーリンク

酢納豆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。