足指のばしは健康によい!?

足指動かしは健康によい
スポンサードリンク

もともと人間は5本指の動物です。その構造にそぐわないソックスや靴を履いて普段私たちは生活をしています。そのことがどれだけ身体に影響を与えているのかはわかっていません。

足の不調

外反母趾、巻爪、水虫、等々意外と足には悩みを持っているいる人が多いのではないでしょうか。でも自分の足について自分の足はこうなんだ、と悩みを人へ打ち明けるのがなんだか言いづらいという状況にあるのは皆さんも賛同していただけるのではないでしょうか。

革靴
 

最近の流行のビジネスシューズや革靴でも先がとがったものがよくあります。昔の中国の纏足のような靴に見えてしかたありません。

女性のハイヒールなどもそうですね、足が悲鳴を上げているようで見ていても痛々しい。

私たちは足が痛くても窮屈でも靴下を履き、歩くのもままならぬにも関わらず靴を履いて毎日歩いています。家に帰り足指を伸ばした時の解放感はたまらないものがあります。

 

足指のばしをするだけで若返るという説を出しているお医者さんもいらっしゃいます。



人間本来持っている足の機能を正しく使うことは人間としての健康を維持していく上でも大切なことだと感じます。元々人間は裸足で歩いてはずなのですから。

足の指の形は正常ですか

歩くときはかかとから着地し、次に小指の側に体重がかかり、同時に第四指(足の薬指)、中指、第二指(足の人差し指)が着地し、親指方向に重心が移動します。完全に着地すると親指を中心に地面を蹴って次の一歩を踏み出します。この重心移動を繰り返しながら歩いているのです。

 

揺れる電車の中で踏ん張って立つ時などは足の指の力が大切になります。靴を履いてはいますが足の指に力が加わり踏ん張ってバランスを取っています。「浮指」「寝指」「屈み指」「外反母趾」などなど症状が出ていないかを知っておく必要があります。


足の指は身体の中でも一番血流が悪い場所と言っても過言ではないでしょう。

足の指を動かせるのは健康の基本

人間の足の指は5本、その構造に合わせた5本指ソックス。人間の動きを妨げないため運動をする時には踏ん張りが効きます。

 

5本指ソックスは靴下売り場に行けば多く販売されています。しかし、しっかりと5本指の間を広げられないソックスも存在し窮屈な感じが抜けない感じですね。

ここで指が動かしやすいソックスをご紹介させていただきます。



このソックスには以下の特徴があります

ナイガイ1ナイガイ2
ナイガイ3ナイガイ4
ナイガイ5ナイガイ6
なんといっても良いポイント
親指と人差し指の間をあけて、指先を立体的に編み込んである新技術が最大ポイントです


足の親指と人差し指の間には肝経(かんけい)という経絡が通っています。昔の人は下駄や草履をはいて歩くことでこの肝経を鍛え、肝臓の働きをサポートしてきたといいます。

東洋医学では肝臓を鍛えることは筋肉を鍛え脂肪の代謝を促すことだそうです。

足を動かすこと
足の親指と人差し指の間を刺激することは健康に良い


5本指ソックス
5本指ソックスを履くと、指爪の動きで5本の指が地面の状態をしっかりと感知できて、どの筋肉を使っていいかのセンサーが働きます。靴下を履いていても足の指をしっかりと使えるってことは筋肉も動き血流を良くします。結果的に健康な身体を手に入れることができます。

このように語るのは松永みち子先生です

松永式速効ダイエット―テレビで話題騒然!驚異のラクラク部分やせ法! (にちぶんMOOK)

ダイエット福間東洋医学の知識を活かして健康に関する雑誌やテレビで活躍されている先生です。

まとめ

2本脚歩行の人間は毎日立ち上がり歩きます。一日立ちっぱなしの人もいるでしょう。足の悩みは意外と多いもの。必ず履いているソックスで足元から元気になり健康になれるって手軽ですね。

 

最近の研究で歩くことは認知症予防や一日の歩数で血圧が抑制されたり、便通が改善したり善玉コレストロールの値を高くしてくれる等々の情報もあります。

 

そんな歩きを支える足、少し気を使うとよいかもしれませんね。

 

それでは また ありがとうございました。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
足指動かしは健康によい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。