自分らしさというアイデンティティを知る意味は何か

自分探し
スポンサードリンク

生きていく中でいろんな場で自分を紹介する機会がありますね。あなたは自分自身の「自分らしさ」をどのようにその場で言えますか。そして「自分らしさ」をどのように理解していますか。

「自分らしさ」と同義語と言える「アイデンティティ」という言葉があります。どちらにせよ、あなたは何者かと問われた時にどのように答えることができますか。

自分ということを考える機会になればと思い、今回はこのテーマを選んでみました。一緒に自分を振り返ってみましょう。

「自分」という言葉の意味とは何でしょう

自分の「自」という言葉の意味について、自分の鼻を描いた象形文字です。そのことから自分のことを指す文字として使用されるようになったということです。「分」という言葉は本来備わっている性質を表す「本分」の「分」で自らの力量を示す言葉でした。

827年に書かれた「経国集」という文献に書かれています。

では自分はどのように形成されてきたのでしょうか

家庭環境

家庭の中の環境はどのようなものだったでしょうか。親、兄弟は何人なのか、親は子煩悩だったのか、あまり育児に興味がない人だったのか、小さいころから親はいなかったなどの環境によって、形成される性質は変わっていったと思います。とりわけの親の影響は後世にまで影響を与えていくことになります。

幼稚園・保育園での環境

どのようなことをしていたかより、どのような人とかかわりをしていたかが重要になります。多くの子供たちと触れ合っていたか、関わる大人たちはどのような接し方をしていたか、小さいころから教育熱心で学習塾へ通わせて知育教育をしていったのかなど将来大人になった時の性質形成に大きく影響をあたえる時期と言えます。

蛇足ですが、ことわざに「三つ子の魂百まで」というものがあります。捉え違いされている部分がありますが、小さいころに教育し教えたものは生涯役に立つというような意味ではありませんの注意が必要です。

三つ子の魂百まで
幼いころの性格は年をとっても変わらないということ言葉の由来は「源氏物語」より来ていると言われれています。但し、元々は生まれ持った性格を表すということです。

小中高大学校での環境

小学校の高学年になってくると、自我の目覚め+他者比較+異性への興味+自分という存在+友人とのつながり、などが交差し自分への性質へ影響を及ぼします。それは自分が意識するしないの中で形作られていくように感じます。特に15歳~20歳くらいになると友人などの影響度は大きく自己形成に関与していくと想定できます。

社会人になっての環境

学生時代に形成された影響が社会人になると変化をし始めます。学生時代とは違い「働く」といった価値観が自分形成に影響を与え始めます。企業の社風、企業研修、上司、後輩など学生時代より多くの出会いが自分形成に多大な影響を与え始めます。この環境によっては学生時代からの自分は別人のようになっていく人も多くあるように感じます。

また、学生時代は何となく孤立したり登校拒否などで嫌なことから逃避することできました。しかし、社会に出た途端、学生時代よりの深くかかわらざるを得ない状況にもなり性質形成が変化する可能性が高いといえます。

自分が認識する自分とは

就職したり自己紹介をする時に書きだすというワークがあります。その質問とはこんなものでした。
  • あなたの長所はなんですか
  • あなたの短所はなんですか
  • 特技、趣味、興味をもっていることを書いてください
  • 今後身につけたいことは何ですか
  • 大切にしていることは何ですか
  • 将来の夢や希望は何ですか
以上のようなテストを受けたことがあるかと思います。しかし、私も過去に何度か書いたことがありますが、誕生から現在に至る時間で変化はしていきます。

 

書いていて同じことを書くことも多いですが、意外とブレてかくこともあるように思っています。あなたはいかがですか。

自分に対して自分と他人からみた自分を見つめること

窓
ジョハリの窓という心理学で使用されるモデルをご存知でしょうか。

ウキペディアにも書かれていますのでご覧になっていただければと思います。


ジョハリの窓
(人と組織を強くするメディアさんのサイトより)

図をご覧いただくと四つの窓があります、この四つの窓は自分自身の特性を「四つの窓」開放、盲点、秘密、未知に分類して自分への分析と他人からの分析を窓に当てはめて完成させるものです。

 

これを書き上げるためには他人の協力が必要です。他人とは自分のことを知っている人になります。初対面の人には無理だと思いますので自分のことをよく知っている人がよいでしょう。

このジョハリの窓のやり方を簡単にご説明します。

まずは下の質問票を用意します。

ジョハリの窓質問
(武藤雪下 幸せを呼ぶ心理学 より)

この質問票を書いてもらう参加者に配布して該当するものに〇を付けて返してもらいます。参加者は5人くらいが妥当を思いますが絶対この人数ではいけないというものではありません。

回答していただいた人と自分のものを集計していきます。

やり方は下のようになります

自分が〇をつけた項目 自分が〇をつけていない項目
他人が〇をつけた項目 開放の窓に書き込みする 盲点の姿に書き込むをする
他人が〇をつけていない項目 秘密の窓に書き込みする 未知の窓に書き込みする
調査する時のポイントは

①質問の文言はポジティブなものにすること

②参加を無理強いしないこと

このジョハリの窓から理解ができることは

「開放の窓」に書かれたことは、自分と他人の分析が共通していたということです。この窓の項目が多い場合、自分の内面や能力などを他人がわかるように表に出しているといえます。自己開示している傾向が強いということです。逆に少ない時は、他人から見たら「よくわからない人」として見えていることになります。

 

「秘密の窓」は自分が知っているが他人が知らない性質を表します。この窓が多い場合は秘めている部分が多く自己開示をしていないか、できていないと考えられます。

 

「盲点の窓」は自分は知らないが他人が知っている性質になります。この窓が多い場合は自分自身の分析ができていない。自分が気づいていない部分が多いことを意味しています。この性質を受け入れて「開放の窓」へ移行していくことが望ましいですね。

 

「未知の窓」は自分も他人も気づいていない性質を表します。新しいことに挑戦したりする中で気が付く、あるいは新たに開発されていく可能性があることになります。

 

自己分析の手法として一つのツールとして使うのも自分を理解する上でよいかもしれませんね、ただ、この記入をお願いする人もそうですが自分自身への心理負担もあり得ますので注意してやってみてくださいね。

自分を知るという意味は

幸せ
自分を知るという意味を考えてみたいと思います。

自分を知るということの一つの意味は「幸せになる」ためではありませんか。現在の自分は自分自身で選んできた人生には違いありません。しかし、長い年月を経ていく上で自分が選んだのか選ばされたのかわからなくことがあります。

「選ばされた」という言葉は適切でないかもしれませんが、暗黙の力が自分に影響を与えてきたことはなかったのでしょうか。その暗黙の力とは親、兄弟、家族、会社、学校等々、世間体や建て前に流されてきたことはありませんか。

例えば、自分の身の回りにあるもの、車や家、豪華製品、等々は本当に自分が欲しかったものなのでしょうか。周りに負けたくない、他人に見栄を張りたいなどと無理して持つことを自分が欲しかったものと認識していることはありませんか。

自分がどんな時に、どんな考え方をするのか、どのような感情を抱くのかは、生きてきた過程でさまざまなことを経験し形成し蓄えた自分の性質です。

自分の価値観を知りましょう。

自分はどんなことが好きですか

どんなことを大切にしていますか

そして、自分にとって何が「幸せ」で

何が喜びとなりますか

この答えを出していくことには「自分を知る」ことが必要なのだと思っています

まとめ

自分を知ってどうするのか、自分の本当の気持ちや価値観を知って生きてみることが「幸せ」になると思います。

数年前に大ヒットした映画「アナと雪の女王」の日本語訳 ”ありのままで”の歌詞にヒットの理由があります



この映画はストーリーも歌も映像も大変素敵で老若男女にヒットしたアニメ映画と言えます。強い魔法の力を持った王女エルサは自分の力で周囲を苦しめ傷つけることで迷惑をかけることを知り、閉じこもります。そんな自分の感情を押し殺したエルサの苦悩を前半描かれています。

 

自分の個性や力を封印してしまうエルサが映画ストーリーの中盤より「自分らしさ」を取り戻していくシーンが展開されていきます。

映画に流れる曲の歌詞がとてもすばらしいものです

Let It GO ありのままで

・・・・

ありのままの姿を見せるのよ

ありのままの自分になるの

何も怖くはない 風よ吹け

少しも寒くはないわ

・・・・

(うたまっぷより引用)

ありのままで生きることは何でも好き勝手に生きるという意味ではありません。

Let It GO ありのままで

・・・・・

冷たく大地を包み込み

高く舞い上がる

想いを描いて

・・・・・

(JOYSOUND 歌詞より)

上記の歌詞の部分では、自分の凍らせる能力で包み込みという歌詞があります。これは愛で持って包むという意味が込められているように感じます。

自分の幸せを叶えるには周りの人への愛があってなるものという示唆をしています。

Let It GO ありのままで

・・・・・

何も怖くないわ風よ吹け

少しも寒くはない

・・・・・

(JOYSOUND 歌詞より)

上記の歌詞には、困難が向かってきても負けないわ、という意味と捉えられます。

自分らしく生きていくということには困難もあります、でも立ち向かっていく、そして愛をもっていくんだ、と声高らかに歌われています。

大ヒットする理由がわかりますね。

「自分らしさ」を知る意味とは幸せになるために他なりません。

それでは また ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
自分探し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。