自分らしく生きる 自分軸のつくり方

自分らしく生きる
スポンサードリンク

自分の周囲の人たちに影響を受けて敏感に反応してしまいクタクタになっている人、意外と多くいるのではないでしょうか。

周囲の人にとって「いい人」になってしまう

いい人
周りの人に合わせざるを得ない状況は多くあると思います。会社勤務ならば会社の雰囲気に、同僚に、上司に。また子供が保育園や幼稚園に通わせている場合は、自分の子供の友達の親たちに。ご主人のご両親や義理兄弟に。

無理やりというか自分を相手にとって「いい人」であるよう。また承認を得る態度をとってしまうことってありますね。。

人とのコミュニティで生活していく上でこれはしかたないことと、自分を偽り、苦しんでいく場合があると思っています。

誰もがもつ感情だと思いますが、より敏感に感じてしまう人がいます。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイ・センシティブ・パーソンをご存知でしょうか。日本語に訳すと「とても繊細な人」「繊細すぎる人」という意味になります。意訳すると外側の刺激に対して過敏であるということです。アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンが提唱したものです。

HSPの特徴とはどのようなものでしょうか

HPSとは生まれつきのものであり病気ではありませんので間違わないことが大切です。まして障害でもありません。生まれながらにもってきた資質に後天的に家庭生活や学校などで強化されて作られていったものなのです。

まずは自分がHSPかチェックすることができます

  • 自分を取り巻く環境の微妙な変化に気づく方だ
  • 他人に気分に左右される
  • 痛みにとても敏感です
  • 忙しい日々が続くとベットや暗いなどプライバシーが得られ、刺激から逃げられる場所に引きこもりたくなります
  • カフェインに敏感に反応する
  • 明るい光や強いにおい、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
  • 豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい
  • 騒音に悩まされていた
  • 美術や音楽に深く心動かされる
  • とても良心的である
  • すぐにびっくりする
  • 短期間にたくさんのことをしなっければならないとき、混乱してします
  • 人が何かで不快な思いをしているときに、どうすれば快適になるかをすぐに気づく
  • 一度にたくさんのことを頼まれるのがいやだ
  • ミスをしたり、、ものを忘れたりしないようにいつも気をつける
  • 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにいつもしている
  • あまりにもたくさんのことが自分のまわりに起こっていると深いになり神経が高ぶる
  • あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると不快になり神経が高ぶる
  • 空腹になると集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応がある
  • 生活に変化があると混乱する
  • デリケートな香りや味、音、音楽を好む
  • 同様するような状況を避けることを普段の生活で最優先している
  • 仕事をするとき競争させられたり観察されていると緊張し、いつもの実力を発揮できにくくなる
  • 子供ころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた
以上の質問のうち12個以上「はい」と答えた人はおそらくHSPです。

引用「ささいなことにもすぐに動揺してしまうあなたへ」

では具体的な特徴を書き出してみます

  • 傷付きやすい人
  • 人の些細な言葉でも大きなショックを受ける
  • 何気ない言葉をネガティブにとらえてしまう
  • 愛情深く、優しい
  • 良心的で正義感が強い
  • 純粋で他人のいうことをすぐに信じてしまう
  • 細かいことに気づく
  • 細かいことが気になる
  • 他人の気持ちがよくわかる
  • ストレスを感じやすい
  • ストレス反応は身体に出やすい
などたくさんありますのでこの辺で終わります。気になり方は をご覧ください。

たくさんの特徴とする項目があるのですが大別すると四つに分類できます

1.考え方が複雑で、深く考えてから行動する

2.刺激に敏感で疲れやすい

3.人の気持ちに振り回されやすくなる

4.あらゆる感覚が鋭い

 

このような反応は人間だけでなく、動物にもあるようです。上記に書き出した内容は少なからず誰もがはあります。これが全部でなくても一部だとしても辛いだろうな、と感じます。

 

このようなHSPの特徴を持った人は全人口の15~20%の人が当てはまると思われます。つまり5人に1人はHSPということになります。

 

生きづらさを感じる中でどのように対処すればいいの?

生きづらさ
つまり5人のうち4人は普通の人としたら、HSPの人はその中で生きている訳ですから息苦しいことは理解でくます。ではどのようにして対処していったらよいでしょうか。

まずは「自分は生きる価値がある」と、「私は私でいいんだ」「いいところも悪いところも愛し」ていきましょう。

無理に共感しないで、自分と人との間に垣根があるようなイメージをもつ

カメレオンは周囲の模様に溶けこんでいきます。そうならないために境を持ちましょう。

「今、ここに」を集中する

過去も未来も一時、忘れる。過去も悔やまず、未来を心配しない。

自分の感情と向き合う

自分に正直になる。

一人になる空間を過ごす

一定時期に一人で過ごす時間を確保する。

物理的に入ってくる情報を制限をかける

嫌だと思えるSMなどは見るのを禁ずる。またTVニュースやラジオ番組までも拝見することができなkった。

辛いときは「計画的に休む」

仕事だからと無理をしないで、きちんと休むこと。

人を信頼すること

人を頼りきるという面を持つことも必要です

まとめ

人に振り回されない自分の軸を持ち、自分の存在意義をもちましょう。

 

そのためには自分は何者かを知ることが必要です。自分軸で生きるということはまずは自分を知ることからだと思っています。人がどうか、ということも大切ではありますが、「自分がどうなんだ」を考えることも自分軸で考えることではないでしょうか。

 

それでは また ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
自分らしく生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。