掻きすぎによる黒ずみの原因とその予防

痒み黒ずみ
スポンサードリンク


乾燥や虫刺されなどによってついついかきむしってしまうことってありませんか。痒くて掻くて無意識に手が掻いてしまって、気づくと血が!そしてその痕には黒ずんが皮膚が残ってしまうことってありますよね。

 




黒ずみの原因




その黒ずみの原因は何でしょうか。かきむしってしまって肌が黒ずんでしまう症状のことを炎症性色素沈着といいます。 

黒ずみ

黒ずみの原因は、肌の新陳代謝が落ちて古い角質が固まり残ってしまっているのが原因です。それでも代謝が正常な場合は古い角質とともにシミの原因になるメラニンも一緒に剥がれ落ちていくのですが代謝が悪くなると剥がれ落ちることなく残ってしまい色素沈着になっていきます。

黒ずみの改善




古い角質除去




色素沈着の原因である古い角質を取り除いていきましょう。何で取り除くことがいいのでしょうか。天然素材が良いと言われています。天然素材とはどんなものがあるのでしょうか。




角質ケアということで「ピーリング」「スクラブ」「ゴマージュ」という方法があげられます。

ピーリングとは化学成分や薬剤を使って角質を柔らかくして落とす方法。フルーツ酸の力を力を利用する。


スクラブとは”こすって磨く”という意味で粗めの粒子が配合されたもので物理的に摩擦によって角質を落とすケアもの。


ゴマージュとは、ハーブや植物粒子など自然由来の植物を使う角質ケアでスクラブと同じく摩擦を起こしてケアをする。

created by Rinker
¥2,750 (2019/11/12 05:22:34時点 楽天市場調べ-詳細)
17e09c78.e1eb185d.17e09c79.c5597e33

いずれも摩擦のよる改善方法になるので、擦りすぎにならぬよう注意が必要です。




保湿

古い角質を除去するためには固くなった角質を軟化させることが大切です。ボディ用の保湿クレームや乳液などで保湿をするのがいいでしょう。

皮膚科へ行く

色素沈着に効果のあるお薬をもらうために皮膚科へ行く方がよいこともあります。シミの原因になるメラニンの生産を抑えるだけでなくメラニン色素そのものを作る細胞を減少させる効果がある塗り薬もなどで治療を受けながら使用するのも安全です。

ビタミン摂取




サプリメントでビタミンを補修をする手段もあります。ビタミンCはメラニン色素緩和・漂泊効果やビタミンEは血行に作用しメラニンの排出を促す効果などがあります。

予防法として

刺激を与え過ぎない

肌に刺激を与えないことが大切です。痒くなってきたときに掻けば掻くほど色素沈着はひどくなります。でもわかっていても掻いてしまう、そんなことってありますよね。そんな時、私はスキンクリームを塗りたくって痒みを静めます。




紫外線対策

紫外線はシミの原因になるメラニンを生産させます。日焼け止めクリームを塗ったり、肌を露出し過ぎないようにしましょう。私は夏でも長袖を着るようにしています。

まとめ

身体の黒ずみの原因は場所によって様々な要因があります。生活習慣によって発生する黒ずみもあります。黒くなってからでは治すのに結構大変です。特に今回取り上げました掻いてできる黒ずみ、我慢できない痒さに負けて掻いていたら取り返しの聞かない黒ずみがなんてことになりかねません。自分にあった予防と対策を講じていきたいものです。

 

それでは また ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
痒み黒ずみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。