判断力のしつけ方

人は毎日判断を余儀なくされる場面

の連続です

 

人が1日に決断する回数は9,000回とも

いわれています

 

その判断をする能力には2つの

システムが脳の中であるといいます

 

物事を迅速に判断するXシステム

呼ばれるものがあります

(REFLEX=反射 リーフレックス)の略

反射システムと持いいます

 

その名の通り物事を素速く判断できること

即決即断などともいいます

 

良い面でもあるのですが、深い思慮に

欠け緻密な計算が欠けているため後に

なって大きな問題が発生してしまう場合

があります

 

逆に判断は遅いけれど合理的なCシステム

(CALCULATE=計算する カーキェレイー)

計算システムと呼ばれるシステムです

 

これはもの頃を慎重に判断できることで

長期的視野に立ち正確に合理的に判断

できるシステムです

 

Xシステムが作動するのは大脳辺縁系

Cシステムが作動するのは背外側部

という部分です

 

このXシステムとCシステムの比較で

Cシステムを働かせて余計な情動を

抑られる人は生涯と通じて勝者に

なりやすいという実験がアメリカ

で行われ証明されています

 



この実験は後年、懐疑的な意見を訴えた

学者が最後実験をし再現性がなかった

と発表しているため否定をされています

 

合理的な判断をもたらすCシステムを

うまく作動させるために必要なこと

睡眠です

 

脳の中に溜まるゴミを洗い流すのは

寝ている時間になります

 

またCシステムの作動を鈍らせるものに

アルコールがあります

 

この2つのシステムの優劣は迷うことが

ありますどちらもメリットがあるので

直感ということも決して否定するもの

ではありません。

資料:あなたの脳のしつけ方

 
あなたの脳のしつけ方
中野信子 青春出版社 2015年10月31日
売り上げランキング :
by ヨメレバ
 
それでは また ありがとうございます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。