健康力をアップ!食べて体を蘇らせる野菜のチカラ

野菜

体の調子がよくなかったり、ストレスでなんだか調子がよくないあなた。毎日食べている食事は何を食べていますか?野菜を食べていますか?野菜が体に良いと聞いたことがあると思いますが、何がよいのか疑問に思っていたら、このブログは野菜のチカラを知ることができる。

体の中で起こっていること

人は空気中の21%の酸素を吸って呼吸し生きている。

そして、普通に食事している状態で体内では酸素の中の約2%が活性酸素として作り出されている。

活性酸素は健康維持には必要なものですが、量的にはごくわずかで大丈夫なものだ。

活性酸素は強力な酸化力があり、必要以上に体の中で作られてしまう。

それが、細胞を酸化させてボロボロに細胞膜を傷つけたり、ガンなどの疾病を誘発し、さらに老化現象を早めさせることになると近年の研究で判明された。

そんな活性酸素。

 

代表的な活性さんは四種類あるとされている。
  • 人間が呼吸しただけで発生するスーパーオキシド
  • さらに変化した破壊力の強いヒドロキシラジカル
  • そして紫外線を浴びると発生する一重項酸素 くすみやシミ、シワの原因になる
  • 除去しないと危険な過酸化水素
 

体の中で活性酸素を作り出す要因は酸素を吸ったり食事をしたりする以外にも多い。例えば、汚れた空気、油脂の摂りすぎ、紫外線、パソコン、スマホ、テレビなどの電磁波などがある。

人は活性酸素を作り出す多くの原因に囲まれて生活しているのだ。

なんだか疲れの取れない日が続いたり、風邪や頭痛に悩まされたり、薬を飲んでも治らないなどと、仕方がないと諦めているとしたら、それらは活性酸素が体内で多く作られている仕業かもしれない。

野菜を食べる理由は?

野菜を食べる
植物は動くことができない、その上、紫外線にさらされて、さまざまな外敵に囲まれる環境で育つ。そんな植物には自らが作り出すチカラが備わっている。

 

そのチカラを我々、人は食物にし体内にできる活性酸素と闘うパワーを手に入れることができる。

美味しい野菜

活性酸素と闘うパワーを手に入れるためには美味しい野菜を食べる必要がある。

そこで気にしないといけないことは硝酸イオン濃度だ。

硝酸イオンとは硝酸およびその化合物の電離、分解によって主に生じ窒素化合物だ、硝酸塩中にも存在するもので強い酸化剤だ。

美味しい野菜とは硝酸イオン濃度が低い。逆に硝酸イオン濃度が高い野菜はとにかくおいしさがなく、食感が悪く味気なさやと糖度も低いものだ。

美味しい野菜
健康な土壌で育つ本物の有機堆肥 健康な完熟堆肥で作られるものです。

完全堆肥とは、堆肥中にアンモニアが検出されなくなり、窒素成分はすべて硝酸になっていること、堆肥の温度が外気と同じであり、堆肥中の酸素濃度は大気中酸素濃度と同じ21%であることが条件。そのような堆肥は土のようにさらさらして、キラキラ光る綺麗なもの。


野菜がおいしくない要因

  1. 肥料過剰  害虫がつきやすく、病気にかかりやすく品質が低下、ビタミンCなどの機能性成分の栄養が少なく、腐りやすく日持ちも悪い。
  2. 不完熟な有機堆肥の使用 嫌気性微生物代謝による腐敗が起こり害虫や病気を誘引する要因となる。
これらは、虫や病原菌がつくような畑であったり、不健康な土壌で育った野菜です。このような土壌では野菜の葉に可溶性窒素が多い。

早く野菜を成長させたいために窒素肥料を過剰に投入したり、下水汚泥の混入した堆肥を使用したりして栽培した野菜は泥臭さを感じるものが多くなる。


 

美味しい野菜にはビタミンCやポリフェノールやカロテンなど多くの抗酸化成分が含まれている。

美味しくて高品質な野菜は健康な土壌で育つ。

土壌
人は健康に良いミネラル成分を健康な土壌で作られたものを食べ取り入れることで健康な体がつくられていきます。

このような土壌で作られた野菜は人の生理機能を円滑にして、健康を維持増進するために必要なビタミン、ミネラルだけでなく多種類のポリフェノールなどの機能性成分であるフィトケミカルが含まれている。

この機能性成分は活性酸素を除去してくれるパワーを持つ。

 

フィトケミカル

フィトケミカルとは元々人の体に存在しないもの。

植物が強い紫外線、毒物、そして病原虫から身を守るために作り出した化学成分と考えられている。

その物質は1万種類を超えるとされています。

野菜のチカラ

野菜が持つ機能性成分のチカラ フィトケミカルを三つにわけて次にご紹介。

抗酸化力

抗酸化力とは体内で発生する活性酸素を無害な酸素に変える力をいう。

太陽の紫外線には強い力があり、この紫外線を浴びて育つ野菜には自分を紫外線から守るための抗酸化成分を作り出す。

研究の結果から赤、オレンジ、黄色、紫、緑などの色鮮やかな野菜に多くその成分は存在ます。

免疫力

免疫力とは体の異常を察知し、自分の意思が働かなくても知らぬ間の治す力のことです。

人の免疫の中心的役割を担っているのは血液の中の白血球。

また、免疫は2つの種類があります。

生まれた時から備わる「自然免疫」「獲得免疫」がある。

解毒力

解毒力とは体の中から要らないものを排出する力をいう。

吸っている空気や食品の中には毒性物質などが含まれていきます。この時、解毒する仕組みが働いて毒性物質を変化させ分解、水溶化、尿や汗や便となって体の外へ排出します。

 

野菜で体の健康力を高める

野菜やくだものが持つ色素成分は、フィトケミカル。

それぞれが持つ野菜や果物が持つ色にもどんな働きがあってどのような効果があるのかをご紹介します。

※紫色のくくった種類が色素成分になります。
種類 含まれる主な野菜 効果
ポリフェノール アントシアニン ブルーベリー・ぶどう など アンチエイジング作用、肝機能改善、血圧上昇抑制、目の機能向上など。
カテキン 緑茶など 血液中コレストロールの低下、血糖上昇抑制、抗炎症など。
ケルセチン 玉ねぎ・ブロッコリーなど 動脈硬化の予防、血行促進など。
ルテオリン しそ・春菊・セロリーなど
イソフラボン 大豆など 更年期障害、骨の健康維持、など。
リグナン ごま など
クロロゲン酸 ごぼう・さつまいも など
ロズマリン酸 しそ・ローズマリーなど
エラグ酸 いちご・りんごなど
カロテノイド αーカロテン にんじん など 肺、肝臓、皮膚の発がん性抑制効果がある
βーカロテン かぼちゃ・豆苗など 紫外線による目や皮膚への影響を抑える。
リコペン トマト・すいか など メラニンの生成を抑制、肌の潤い、ハリを増やす
ルテイン とうもろこし・ケールなど 白内障や加齢黄斑性にリスク低減する。
ゼアキサンチン ほうれん草 など 目の健康に作用する
カプサイチン 赤唐辛子・赤ピーマン 心臓病、動脈硬化症など生活習慣病の予防に効果
βークリプトキサンチン 温州みかんなど ガン抑制遺伝子を活性化し皮膚、大腸、肝臓ガンの抑制効果。
カプサイシン 唐辛子など 殺菌、健胃効果、食欲増進、免疫機能の向上など。
イオウ化合物 アリシン にんにく・玉ねぎ など デトックス作用で免疫力を高め、動脈硬化を防ぐ。
硫化アリル 玉ねぎなど 消化液の分泌を促進し食欲を増す。
スルフォラファン ブロッコリースプラウトなど 肝臓のデトックス機能の活性化し発がん性物質を無毒化する。
イソチオシアネート わさび など 脳梗塞や心筋梗塞の原因の血栓をつくりにくくする。
ビタミン ビタミンC 白血球の働きを助ける免疫力を高めます。
ビタミンK 骨の形成に作用し骨粗鬆症の予防に役立ちます。
葉酸 肝臓に焼く50%が蓄積し組織や骨髄、消化管などの作用します。
その他 テルペン類・クロロフィル 体内の血液浄化、体臭口臭の除去、殺菌作用など

野菜の選び方

機能性のある代表的な野菜・果実をいくつかご紹介する。

抗酸化力がある食べ物

  • ブルーベリー
  • キウイ
  • イチゴ
  • かぼちゃ
  • ほうれん草

免疫力がある食べ物

  • レタス
  • 大根
  • バナナ
  • スイカ
  • 白菜

解毒力がある食べ物

  • わさび
  • にんにく
  • しょうが
  • キャベツ
  • ブロッコリー

野菜の食べ方

野菜調理
野菜に含まれる成分はほとんどが水分です。

野菜をゆでたり、蒸したりすると、水分とともに多くの栄養素が流れ出てしまいます。

野菜のチカラを失わずに食べる方法は、加熱方法が大切です。
  • 焼く
  • 電子レンジ
  • 茹でる
で比較していくとどの方法が一番抗酸化力を失わなかったかを測定した結果があります。

野菜の抗酸化力テスト


ネギを調理した時の抗酸化力を測定した

「生」を100とした時

「焼く」は250%

「電子レンジ」は150%

「茹でる」は95%

という結果があります


そこで栄養素を逃さず、旨味を残す方法として「過熱調理」というのがおすすめです。

蒸気から水分を抜いた状態で野菜に熱を加えます。温度はだいたい150℃前後です。

野菜をこの過熱蒸気に通すと水分は少し飛び、旨味が凝縮された状態になる。

過熱野菜の抗酸化力は「ゆで」「生」と比較すると高いか、同じくらいのものを持っています。

過熱調理とは、具体的にどうすればいいのか?

スチームオープンレンジで過熱水蒸気で調理できる器が販売されています。

まとめ

野菜と聞いたら思い浮かべるイメージは、季節感を感じたり、旬を感じる、美味しいといった感覚だと思う。

実際に体の調子を良くしたり、病気を予防するなど。さらに、健康を増進するというチカラが備わっている。

この野菜の健康力を持って体を蘇らせましょう。

スポンサーリンク

野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。