ランチで人と会話しながら食事していて想う 食事と会話について

食事は一人
スポンサードリンク

HALE(はれ)カフェ

今日はお昼に石川県松任にある「HALE(はれ)」というカフェでお食事をいたしました。人といろんなお話しをしながらのお食事でした。会話の中で出てきました食事と会話についての話題について書いてみたいと思います。

ますはご紹介です。

HALE
店舗前のベンチにパンダの親子がいます。お子様連れでもOKという感じです。

HALE店内
昭和の雰囲気漂う店内です。

HALE4
ランチメニューは健康に気を使った野菜が多いプレートランチ ハントンライスをいただきました

とても美味しくいただきました。

HALEランチ
食事をする時は会話しながらの方が美味しく感じるのではないか、という話題に。

食事は一人で?複数で?

あるデータがあります。OLに聴いたランチは一人で食べる?それとも人と食べる?の結果です

ランチはどうする
マイナビウーマン調査 233件22~34歳の働く女性のアンケート結果より

このデータからは一人で食べたい派が多いことが伺えます。休憩時間くらい自分の時間を確保したいという傾向のようです。

 

「孤食」(こしょく)という言葉が一時期出てきていたと思いますが、今や当たり前の時代に入ったのでしょうか。2017年の食育白書によると孤食とは、1日のすべて食事を一人で食べることを示したようです。その孤食の割合が週に4日間以上ある人が15%いるという調査結果が出ています。

その内訳をさらに見ると、週4~5日が4.3%、ほとんど毎日が11.0%という結果です。あ~こんな日本でいいのか、とさえ思ってしまいますが、そういう私もほとんど孤食です。

食事の時間
食育白書より

この何故孤食なのかはグラフからわかるように仕方なくという状況が理解できます。

本来、「食」は人生を豊かにするものであるはず、それが孤食になっていていいのかと疑問におもわざるを得ませんね。

また最近は孤食という言葉より「ひとり飯」という言葉ができて使われています。ぐるなびが「ひとり飯」のことを調査したデータがあります。ひとり飯が寂しいと感じたことがあるかを2,625名の男女に聞いています。

一人飯寂しい

上記の結果 約70%の人は寂しいと感じていない。一人で食べている人をみてもネガティブに感じる人は少数派であることが伺えます。

 

しかし、ランチではなくディナーになると特に女性は誰かと食べたいという気持ちを持った人が増えてくるようです。

 

この結果のコメントとして「ひとり飯」をするメリットを男女ともに自分のペースで食べられる、気をつかわなくていい。と回答しています。気持ちはよくわかりますね~。

ひとり飯が健康に及ぼす影響は?

学術誌「肥満研究と臨床診療」という文献で発表された中に、ひとり飯を続けていると心臓病や糖尿病のリスクが高まることがわかったそうです。1日2回以上ひとりで食事をした男性と他人と一緒に食事した人たちと比較して高血圧、高コレストロール、糖尿病前症などを発症する危険性が高いとしています。

 

研究をした著者は孤独感の高まり、片親世帯、核家族化もこのような影響を与えたと示しています。

フランスのパルタージュとは、幸せや喜びを他人と分かちあうこと

フランス人はひとりで食事をとるのを好みません。食事の時間は一人でいることがもったないくらい楽しい時間だからといいます。例え、ひとりでレストランに入ってもソムリエやウェイターとの会話を楽しみます。

美味しいものは人と分かちあってこそ楽しいという。

パルタージュとは分かちあうという意味です。下記の記事をご覧ください。


まとめ

一人で食事をすることは私自身も多くあります。淡々と食べ終え食器をすぐに洗い終えて食事の時間は終わり。食べる終えるまでの時間 約10分という短さかと思います。せめてカップ麺、インスタント麺ばかりではないのが救いです。インスタント麺の食事だとお湯を沸かして入れて待ち時間は3~4分、食べ終えるまで3~5分ではないでしょうか。

 

このような早食いはいけないと思うこともしばしばです。いけないプラスひとり飯です。正に「餌」を与えられた動物がガツガツ食べて終わりという図式です。これが若いうちから当たり前になっていく日本、将来は家庭を持つ人も少なくなり、家庭での食事風景が孤食が当たり前で家族で楽しく食事を囲む(食卓を囲む)ということがTVドラマだけの世界だけにとどまるようなことがないことをお祈りしております。

 

それでは また ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク
食事は一人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。