コレストロールは悪者ではない 抗酸化、血行改善、快便を意識しよう

コレストロールと聞いて皆さんはどのようなイメージを

お持ちでしょうか?

身体によくないもの、身体にはなくていいものって

思いませんか。私はコレストロールは悪者と決めつけて

いました。


しかし、最近の医学の資料によるとコレストロールっていうものは

細胞膜やホルモンの原料の他、脳の4分の1を構成する物質でもあり

身体にとっては必要不可欠なものということが報じらてきています。

 

長い間、血液中のコレストロールが多いと健康によくない、と言われ続けて

きましたが最近では不足すると身体に悪影響がでるということなのです。

コレストロールの必要性

医学っていうのは、時代によってコロって変わりますので・・・

また、コレストロールが不足すると弊害が出るようです。

免疫力や筋力が低下したりストレスに弱くなったりするために

血液中のコレストロールは単純に数値を下げるのではなく、

「多すぎず、好きな過ぎず」がよいと考えられています。


※お腹についているぜい肉は中性脂肪なのでコレストロール量とは

関係は内容です。

日本動脈硬化学会が出しているコレストロールについての記述です


食事の影響は

厚生労働省は2015年に食事におけるコレストロール摂取量の上限を

撤廃しました。理由はコレストロールを多く含む食品を摂ったからと

言って、そのまま血液中のコレストロール量も増えるわけではないと

わかったからです。

 

体内のコレストロールの大半は肝臓が糖質やタンパク質

などから合成していて食事から摂取するコレストロール量と

合わせて一定量になるように調整しています。

 

コレストロールの合成は寝ている間に行われます。

夕食は軽めにして規則正しい食生活を送るように

しましょう。朝・昼・夜と決まった時間に食べる

ようにすると肝臓が合成量を調整しやすいといわれて

います。

また抗ストレスホルモンや女性ホルモンの原料として

コレストロールが必要であり、必要性が高い時は数値は

自然に高くなります。

悪玉と善玉

コレストロールは悪玉(LDL)と善玉(HDL)に分けて

考えられています。


LDLは肝臓で作られたコレストロールを全身で運ぶ乗り物のような

もの、HDLは全身で不要になったコレストロールを肝臓へ戻す

乗り物のことです。

LDLはコレストロールを必要とする部位に届けるので積載量が多く

血管内にコレストロールを落とすことがあります。

 

これが動脈硬化に繋がるためLDLを悪玉と呼ばれたのです。

回収するHDLを善玉と呼ばれるようになったんです。

コレストロールが悪に変身するとき

LDLが血管内に落としたコレストロールは血液中に漂って

いるだけでは特に悪い動きはしません。

 

活性酸素によって酸化されて性質が変わった「酸化コレストロール」

になった時、動脈硬化を引き起こすのです。

このように活性酸素はストレスや血糖値の急上昇、酸化した油の摂取

によって発生しやすくなります。

 

揚げ物や加工食品を何度も温めなおすは控え、野菜や果物、豆類などの

豊富なビタミンCやカロテン、ポリフェノールといった酸化を防ぐ成分を

積極的に摂りましょう。


LDLとHDLのバランスが大切です

LDLは喫煙や運動不足、内臓脂肪がたまることで増えます

適度に身体を動かすのが良いとされています。

またHDLは全身の血液がよくなると増えやすい性質があるために

身体を冷やさないように血の巡りを置くしておくといいでしょう。

食品としてはニンニクや玉ねぎに含まれるイオウ成分、酢、青魚などを

食べるとよいとされます。

 

それでは また ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。