ウンチは身体からの大きな便り

ウンチは大きな便り

いいウンチしていますか?

毎日、ウンチしてますか?

いきなりお聞きします、ウンチ、毎日出ていますか?ウンチって大便って書きますね。大便って大きな便りって書きます。何の便りかって?

 

身体の中からの便りがウンチなのです。

 

便りとは身体の中の状態をしめしてくれるということなんです。そのためにも毎日のウンチ、大便を見ることって大切なんですよ。

 

この頃はほとんどのトイレは和式から洋式に変わっていますので、座ったまま自分が出した大便を見ずに流してしまっているのではないかと思います。しかし、大便はとっても大切な自分の身体の健康のバロメーターというくらい自分の身体に起こっていることを教えてくれるってこと、ご存知でした?

 

この大便は可愛く呼ぶとウンチ!!このウンチの研究をずーっとやってきた方がいらっしゃいます。世界中のウンチを調査しウンチの故郷 腸内フローラの第一人者 藤田絋一郎先生です。

 

先生の研究結果によると、70カ国以上にわたり腸内環境を研究してきて、さまざまな便をみてきたそうです。結果、なんと日本人の大便は世界でも最低基準というんです。何が最低基準かっていいますと大きさです。

 

第2次世界大戦以前の日本人のウンチは約350~400g。現在は約150~200gになっているそうです。なんと半分から3分の1にまで減っているというのです、どうしてこんなに減ってしまったんでしょうか?

 

あなたが若いころと比べて現在のウンチの大きさをを今でもしていると思いますか?この変化をみようにも洋式トイレに座って流してしてしまっているのではわかりませんよね。昔の和式トイレでは否でも目に入りましたからね。この大便をきちんとみることが自分の健康状態を知る上で大切だと先生は指摘をされています。

 

ウンチってどんなものかご存知ですか?

 

食べ物のカスの集まりというイメージではないでしょうか。

 

藤田先生のお話しによると、意外ですがウンコの60%は水分でできているといいます。20%が腸内細菌とその死骸15%は腸粘膜細胞の死骸です。食べ物のカスは全体の中の5%しかないといいます、驚きでないですか?

 

硬さも重要なんですよ。練り歯磨きくらいがベストで、コロコロな場合は腸内に長く滞留しすぎて悪玉菌が増えて腸内細菌の代謝もうまくいっていない状態です。色も大事で黒い場合は悪玉菌が増えていたり消化管内で出血がある可能性がある。

悪玉菌
腸内のタンパク質などを腐敗させ、有害物質を作ります菌になります


 

消化吸収の場である腸に腐敗物が溜まってしまうと発生した有毒ガスが全身に回ることなるので、そうならなういように、腸内細菌はウンコを大きくして腸に溜まった不要物を自らの身体と一緒に外に出してくれているのです。

ウン勢診断をしましょう

ウンチは体調やストレス具合まで一目瞭然に診断をしてくれてます。身体がどんな状態なのかを教えてくれるバロメーターなんです。

腸内観光
あなたの便と照らし合わせてみてください。
便の状態 診断
カチカチ便 コロコロな便はストレスや便意を我慢している状態、水分を多めに摂ることが必要です、食物繊維も少ないので野菜や豆腐をたくさん摂取しましょう。きのこ類、海草、こんにゃくなどが有効です。
ゆるい便 腸内細菌が減少して腸内環境も悪化している状態。または大腸の粘膜が弱っている可能性があるので刺激物や冷たい飲み物などを避けましょう。
ヘドロのような便 善玉菌が減少している、肉類や悪い油を多く摂っている状態、食物繊維の多い野菜、豆類、穀物などの摂取をおススメします。
細長いキレギレ便 不規則な生活やダイエットでどの制限で食事量が足りていないことで、このような状態になります。食物繊維が不足している思えます。
くさい便 肉料理や油など動物性脂肪を多く摂りすぎです。規則正しい生活、食物繊維の多い食事、そしてストレスを軽減して善玉菌を優位するようにしましょう
 

ウンチからわかること

研究結果から分かったことがあるそうです。

それは、ウンチの大きさはその人の免疫力の指標だということです。どういうことかと言いますと、ウンチのサイズが大きいと腸内細菌の数も多く腸内環境が良好な状態であるといえるとしています。

 

どんなことが導かれるかというと「ウンチの大きさ」と「自殺率に相関関係」が関係すると発表されています。つまり、大きなウンチをする人が多い国ほど自殺者は少なく、小さなウンチをする国では自殺者が多いという結果です。

 

これはどういうことでこういう理論が成り立つかと紐解きますと。腸内環境が良い=大きなウンチをする、腸内環境が良い場合は腸内細菌が活性化されて幸せホルモンのセロトニン、ドーパミンが分泌されて幸福を感じうつ病や自殺を防止できる可能性があるとして発表をしておりおます。

セロトニンとは
脳内で働く神経伝達物質のひとつ、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています


 

ドーパミンとは
中枢神経系に存在する神経伝達物質でアドレナリン、ノルアドレナリンの前躯体で、運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わるます


 

では腸内環境が良くなっている人の腸は何を摂取しているのでしょうか?食物繊維の摂取量が豊富だということが研究結果からわかっています。

腸にいい食事で腸内環境の改革

食物繊維

食物繊維は腸内細菌の大好物であり、腸内バランスを整えるために欠かせないものです。中でもキャベツはガン予防作用のある食品にあげられるほか、がん細胞を殺す作用を持つ腫瘍壊死因子を誘導する効果は野菜の中でもナンバーワンです。

フィトケミカル

色、香り、苦み、辛みの強い7色のフィトケミカルの野菜たちを摂取することで腸を守り老化やがんの予防に貢献します。

フィトケミカルって何?
野菜や果物は光合成によって発生させる活性酵素や太陽の紫外線による酸化、虫などの外敵から自らを守るために、色、香り、苦みを持った化学物質(植物栄養素)を作り出してきました。これがフィトケミカルの成分です。現在発見されているものは約1,500せう類あり、推測吸うは1万以上ありと言われています。代表格なものはぶどうのポリフェノール。ニンジンのカロテン、大豆のイソボラボンです

発酵食

さらに日本古来よりある発酵食は日本人の腸にも元々すんでいる常在菌とタイプが近く相性もいいのが特徴です。味噌は発酵食の王様です。

また発酵食というとヨーグルトが浮かびます。ヨーグルトは善玉菌を増やし悪玉菌を減らす代表格です。種類としてはビフィスズ菌、ブルカリア菌、カゼイ菌などさまざまあります。しかし、奥は胃酸に弱く9割は腸に届かず死んでしまうということです。

善玉菌って
乳酸や酢酸を作って腸内環境のバランスを整えます


しかし、自分の腸にあったヨーグルトであった場合、菌が通過するだけでなく腸に棲んでしまう菌もいたりします。また途中で菌が死んでしまう場合も多いのですが、死んだ菌からは自分たちの仲間を増やす因子が出ており腸に棲んでいる腸内細菌のエサになり腸にとって有益な働きをします。

土壌菌

腸内には土の中にいる細菌の土壌菌もたくさん棲みついているそうです。これは腸内細菌を活性化し気力までも向上させるそうです。土の中には土壌菌がたくさんいるので現代人は落ちた食べ物は「汚い」と寄せ付けませんが、実は健康への一歩でもあるのです。潔癖という特有な概念が大切なものを排除していることを知ってほしい。

代表的なものが納豆です。大豆を発酵させている納豆菌は「枯草菌(こそうきん)」という土壌菌の仲間です。

納豆

大便は腸内環境の通信簿

腸年齢という指標があります。腸内フローラの状態を表すもので腸年齢が若い人ほど腸内フローラがよい状態です。これは善玉菌に属する最近群と悪玉菌に属する最近群のバランスで決定づけられています。

 

腸年齢の測り方は

臭いです。臭いが強い場合は腸年齢はかなり高齢化していると言えます。臭いが強いのは悪玉菌がタンパク質や脂質を腐敗させている場合が多くなります。

大きさです。バナナ3本くらいがよく、それより小さいと腸年齢は高齢化しています。

バナナ
です。さつまいも状がいいウンコサイズです。

こんなウンチは要注意
●黒いウンチ 墨汁のような真っ黒なウンチ。消化期間で出血の消化、食道、胃の潰瘍、炎症、がんなどの習慣グセ

●赤ウンチ 鮮血のような赤レンジ出て肛門の近くで出血している可能性大。大腸の炎症やポリープ、がん、痔などが考えられます。

●灰色ウンチ 色を作る色素(胆汁色素)の流れが悪いサイン、胆石や胆のうがん、肝臓がんが疑われる

いいウンチとは

排便は1日に1回がよいとされています。食べたもののを消化・排便までのサイクルとしては24時間が目安です。先に書きましたが多くは水分ですので長く腸にいれば水分がどんどん吸収されて硬くなっていってしまいます。

 

便秘になると腸に便が滞るため悪玉菌が腐敗に持っていくために臭いが強くなってきます。

 

先に書きましたがよいウンチは、臭いが少なく、大きさはバナナ3本、さつまいも状の1本が形としてはGoodです。

 

ストレスを溜めこまないこと。ストレスがあると女性は便秘を、また男性は下痢を起こしやすいと統計で出ています。

 

生活リズムを整えよく生活をし良く寝て、よく遊ぶがいいウンチを出す秘訣。

まとめ

人間は食べ物でできている、という言葉があります。毎日食べている食べ物で人間はできあがっている。それは身体だけでなく心も影響を受ける。食べ物も自分の年代に添った食べ物を選び食べ方にも工夫をする。

 

その結果は毎日トイレで発表されている。ウンチが自分の健康状態をしめしているのです。腸内環境に棲む腸内細菌の働きが解明されて、さまざまなことが理解されてきています。

 

腸内細菌を元気にすることで脳内神経伝達物資が分泌され、セロトニン、ドーパミンにより幸せな気分を感じたりもします。

ウンチを観察することで体内で起こる自分の状態を把握し、食べ物を、食べ方を、見直すことで腸内は2週間くらいで変化し始め腸内細菌が変化します。

 

ぜひ、健康ライフをウンチでよくしていきましょう!

スポンサーリンク

ウンチは大きな便り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1.ネットビジネスに取り組む。2020年からの人生を 起業によって変革をして稼ぎ、世界をルポ旅するのが夢。 2.過去は飲食、金融、食品製造営業の経験あり、 ネットビジネスは初心者マーク付き。 3.心の悩みに光を与えるような言葉を提供、 未来に希望を抱けるお助けを。 4.悩んでんでいることの一助になればうれしい。 5.(コンセプト)より多くの人たちに幸福感、 平和と希望を提供したい。 6.現在の会社に勤めてきて、人が悩んでいる原因は 人間関係に悩み苦しんでいる。一助にでもなれれご 思っています。